どなべのブログ。

どなべのブログ。

淡々とゲーム遊んだり、ゲーム持論を展開する予定です。

来月のおゲーム(2020年2月)

淡々と紹介するよー。

 

①キャットクエストII (2/6発売)

f:id:donabe18:20200123164310j:plain

シンガポールのThe Gentlebrosが開発するアクションRPGの続編です。

前作は、日本ではSwitch版がフライハイワークスからリリースされていますね。

 

基本的にはカジュアルなオープンワールドゲー、といった感じで、クエストを受注して任務をこなし、武器やアイテムを手に入れていく...というハクスラ要素も兼ね備えています。

といってもそこまでガッツリした内容ではなく、手軽に短時間でファンタジーな冒険感を味わえる内容でした。

前作は完全ソロゲーでしたが、今作は「ネコ」に加えて「イヌ」も参加することで、マルチプレイに対応しました。

キャットクエストですが、ドッグクエストでもあります。

前作は本当にバランスが良く、気軽にプレイできるARPGとしては名作といってもいい部類だと思いますし、今回の続編も購入!

 

余談ですが、今回はSwitch版に加え、PS4版もフライハイワークスが販売を担当するようです。

前作もPS4版は日本で販売されていますが、フライハイワークスではない別の会社がローカライズを担当しており、日本語の質が大幅に違います...w(いわゆる機械翻訳に近い)

今回の新作はともかく、前作に興味がある方はSwitch版をおススメします。

 

初音ミク Project DIVA MEGA39's (2/13発売)

f:id:donabe18:20200123164640j:plain

歌姫ミクさんがお送りする人気のリズムゲームProject DIVA」シリーズの10周年記念作品です。

 

今作の特徴としては大きく2つ。

まずそのプレイ可能な曲数。なんと全101曲!

まさにベスト盤というにふさわしいボリュームでしょう。

シリーズ初収録となる楽曲も含まれていますので、既存のファンにもおすすめ。

 

次にグラフィック。

従来のモデリングが一新されて、全体的に(特に顔)アニメ調になっています。

f:id:donabe18:20200123165517j:plain

PS4版。

f:id:donabe18:20200123165530j:plain

Switch版。

個人的な好みを申し上げるのであれば、僕は断然Switch版が好きですね。

より自然な感じがして、プレイ中も違和感がなさそうですw

 

僕はPS4版から入った身のシリーズですが、リズムアクションとしての面白さはすでに保証されていますし、こちらも購入確定。

いつもならDL版で買ってしまう僕ですが、本タイトルはパッケージ版の購入特典が素晴らしいので、パッケ版予約済み!

なんと、収録楽曲全部入りのサントラ!5枚組!

f:id:donabe18:20200123165857j:plain

いやー、これはお得でしょホント。なんか他にもいろいろ付いてくるし←

なので今回に限ってはパッケ版、おススメです。

 

ロックマン ゼロ & ゼクス ダブルヒーローコレクション (2/27発売)

f:id:donabe18:20200123170119p:plain

おなじみロックマンシリーズ。

今世代のハードで「初代ロックマン」「ロックマンX」シリーズのコレクションがリリースされてきましたが、満を持して「ゼロ」と「ゼクス」シリーズも登場です。

しかも2シリーズまとめて1本化です。おトクです。

 

...とはいうんですが、僕じつは「ゼロ」「ゼクス」ともにプレイしたことないんですよね。

世代的には、最初に挙げた「初代」や「X」にハマっていました。

ただこの2シリーズは、今では横スクロールアクションに定評がある敏腕集団「インティ・クリエイツ」が開発しているので、以前から遊んでみたい気持ちはありました。

というわけで完全初見のシリーズではありますが、ここらでインティのルーツを辿ってみよう!ってことで購入。

なお難易度はなかなか高いみたいなので、途中で挫折する可能性も大ですが...w

あ、けど難易度を抑えたモードや、任意セーブ機能などの追加要素もあるみたいなので、そこは安心かな!

f:id:donabe18:20200123171352j:plain

アシストセーブ機能付き。アクションが苦手な方も安心!

 

以上。

 

来月は3本ですか。まあ普通(?)ですね。

実はこの記事を書く少し前に、某大作Fが延期したり、某大作Cが延期したりと延期祭りが続いていました。

残念な気持ちもありますが、まぁ更なるクオリティアップを期待して待つことにしましょう。

そうでなくても、来月は期待の1作があるしね...。

早く無人島に行きたいんだ...(小声)