どなべのブログ。

どなべのブログ。

淡々とゲーム遊んだり、ゲーム持論を展開する予定です。

「イース」を紹介したい~っス

f:id:donabe18:20190210153822j:plain

最近ブログの更新がまた滞って何やってんだボケ、と思われたかもしれませんが、「イース」シリーズを楽しんでおりました。

日本ファルコムが贈るアクションRPGとして有名な本作ですが、いざ手を付けてみると、あらやだ面白い!

というわけで凝り性の僕は、1からシリーズを追いたくなったのでずっとプレイしてた、というわけでございます。

 

とまぁそれも一応一区切りついたので、せっかくならイースの魅力を皆さんにお伝えしたいと思い、こちらでご紹介したいと思います。

 

・改めて「イース」シリーズとは

先述のとおり「イース」シリーズは、日本ファルコム社が手掛けるアクションRPGゲームです(作品によって少し違いはありますが)。

1987年にの第1作が発売されて以来、30年以上に渡って続く社の看板作品となっています。

 

大筋の物語としては、赤毛の冒険家「アドル・クリスティン」が世界各地を巡り、各地で起こる冒険を描いた活劇モノとなっております。

f:id:donabe18:20190210154528j:plain

主人公アドル君。真っ赤な赤毛が特徴的。

基本的には1作完結となっており、作品間でストーリー上の繋がりはほぼありません。

ただし、物語の途中でかつての冒険の話が出てくるなど、明確な時系列は存在します。

 

ちなみに「イース」というタイトルですが、これは1・2作目に登場した古代王国の名称です。

3作目以降は他の地域が舞台となっているので、直接的な意味はありません。

 

さて、このイースですが、開発経緯が少々複雑なことになっております。

ナンバリングにもよるのですが、かつての日本ファルコムは「イース」という作品の「原案」を務め、開発自体は他社が一任するというケースが多くありました。

また、同じナンバリングでも異なる作品が出ていたりもします(例えばイース4は、ハドソン製のものとトンキンハウス製のものがある)。

ということもあって、すべてを網羅しようとすると非常にややこしいことになります。

 

なのでここでは、後年に日本ファルコムが「自社開発」した作品に絞ってご紹介したいと思います。

今からイースを遊びたい人は、以下のタイトルを抑えておけば問題ないかと。

 

【①②】イースI&II クロニクルズ

f:id:donabe18:20190210154013j:plain

イースIは1987年に各媒体で発売されましたが、その後の1998年、ファルコムによってWindowsでリメイクがなされています。

今から遊ぶとするなら、PSPにベタ移植された「イースI&IIクロニクルズ」が最適ではないでしょうか。

ちなみになんでI・IIセットなのかというと、この2作品のみストーリー上の繋がりがあるからです。

古代に存在した「イース」と呼ばれる王国をめぐる、アドル最初の冒険です。

ゲーム内容としては、敵に突撃していってダメージをあたえる昔ながらのトップビュー型のARPGです。

さすがにオリジナルが昔ということもあってボリュームは控えめです。

(I・II合わせても10時間かからないんじゃないかな?)

シリーズの原点として抑えておきたい方にはこちらがおススメです。

 

【③】イース -フェルガナの誓い-

f:id:donabe18:20190210154025j:plain

オリジナルの「イースIII」は、1989年に「ワンダラーズフロムイース」として発売されました。

その後、2005年にWindowsでリメイク、2010年にそれが移植されたものがPSPで発売されています。

それがこの「フェルガナの誓い」です。

ゲーム性は「I・II」と比べて大きく変わり、3D化されたトップビューのARPGとなっています。

剣を振る事によって攻撃を行い、ジャンプや方向キーとの組み合わせ方によって攻撃方法や威力が変わるのが特徴ですね。

ストーリーは、アドルの相棒・ドギの故郷フェルガナで起こる異変を解明する旅、といった感じです。

この作品はそのゲーム性が評価され、シリーズの中でもなかなか人気が高いです。

僕自身もたいへん楽しめました。

...ただ難易度はかなりのものですので、これから挑む方はご注意をw

(ゲーム内で難易度選択は可能です)

 

【④】イース セルセタの樹海

f:id:donabe18:20190210154036j:plain

こちらのタイトルは、ファルコムが自社開発した「イースIV」になります。

2012年にPS Vitaで発売されました。

後述の「イースVII」で取り入れられたパーティー制やアクションシステムが踏襲されており、これまで説明したシリーズとは特に趣が異なっています。

というかむしろ、今後のイースはこういうスタイルで展開されていくんでしょうね。

セルセタと呼ばれる地方に存在する樹海の探索をメインに物語が進んでいくのですが、樹海なだけあってかなり広めのフィールドが用意されており、探索する楽しみがあったりしますね。

こちらは近年発売されたタイトルなので難易度も控えめ。

イースに選ぶのも悪くないと思います。

 

また、先日こちらのPS4移植版が発表されました!

ちょうどいいタイミングですし、今から遊ぶならこちらを買ったほうが良いかも?

 

【⑤】イースV -失われた砂の都ケフィン-

f:id:donabe18:20190210154245j:plain

イース第5作目は、1995年にスーパーファミコンで発売されました。

古いタイトルですが、こちらはファルコム直々の開発タイトルです。

ただ...えー、ゴメンなさい、こちらについては未プレイとなっております(´・ω・`)

 

ぶっちゃけた話してしまうと、あまり評価は高くなさそうなんですよね。

(しかも中古でも微妙に値段が高いという状況w)

リリースから時間も経っているし、もしかしてリメイクされるんじゃないか?なんて声は度々あがっているのですが、今のところは音沙汰ナシの状態。

なので申し訳ございませんが、ここでのご紹介は割愛させていただきます。

 

【⑥】イースVI -ナピシュテムの匣-

f:id:donabe18:20190210154303j:plain

6作目は2003年にWindowsで発売されました。

その後、家庭用向けにアレンジされたものが2005年にPS2で、Win版をベタ移植したものが2006年にPSPで発売されています。

(ちなみに「匣」は「はこ」と読みます)

 

申し訳ありません、こちらも未プレイです。

残念ながら家庭用向けに発売された上記の移植版(両方ともコナミ製)は、どちらも評価が宜しくないみたいでして、今「まともに」遊ぶならWindows版一択となります。

少し古いタイトルですが、今でもDMMなどで配信されていますので、PCをお持ちなら特に問題なくプレイできるはずです。

僕もソフト自体は確保しているので、近日中には遊びたいと思います。

 

【⑦】イースVII

f:id:donabe18:20190210154314j:plain

7作目は、2009年にPSPで発売されました。

ファルコムがCS機でシリーズを出すのは「5」以来14年ぶりのことでした。

時間が空いたこともあってか、ゲーム性は非常に大きな革新を遂げています。

まずこれまでアドル1人の冒険だったのが、3人パーティー制へと変更。

回避アクションや必殺技の選択など、アクション性を追求する出来へと仕上がっております。

この「VII」で導入されたシステムはその後のイースシリーズへ受け継がれました。

前述の「セルセタ」や、次の「イースVIII」などがそうですね。

こちらもシリーズでは特に人気が高く、最近ではリメイクされないかなんて声もチラホラあがったりしています。

 

余談ですが、ほんの少し前にアジア向けのスマホアプリとして本作のアレンジ版がリリースされています。

PSP版には副題がありませんでしたが、上記のアレンジ版には「アルタゴの五大竜」というサブタイトルが付けられているみたいですね。

 

【⑧】イースVIII -Lacrimosa of DANA-

f:id:donabe18:20190210154325j:plain

8作目は、2016年にVita版が、翌年には追加要素を入れたPS4版が発売されました。

シリーズでは一番新しいので、プレイされた方も多いのではないでしょうか。

 

基本システムは「イースVII」に似ていますが、ジャンプが追加されたり一部改良。

とある「無人島」が舞台となっており、島中を歩き回る「準オープンワールド」型となっています。

最新作ではありますが、そのゲーム性・ストーリーなどが高く評価されており、ファンの間ではシリーズ最高傑作という声も多くあります。

PS4版は「PlayStation Awards 2017」のユーザーズチョイス賞を受賞していますし、その人気ぶりがうかがえますね。

 

かくいう僕も、シリーズでは一番楽しめました。

ボリュームもシリーズの中では破格の内容で、長時間楽しむことが出来ますよ。

あとヒロインのダーナちゃんが可愛いので、みんなやれ。

 

【番外】イース オリジン

f:id:donabe18:20190210154345j:plain

2006年にWindowsで発売された、シリーズ唯一の番外編です。

舞台は「I・II」から700年も前に遡っての「イース王国」です。

ですので、シリーズでは唯一、アドルが主人公ではない作品です。

こちらも未プレイなんですが、システムは「VI」に近いようですね。

PS4やVitaにも移植されていますし、今でも手軽に遊べるでしょう。

早くプレイしなきゃ...(´・ω・`)

 

 

ひと通りシリーズを紹介してきましたが、最新作も絶賛開発中です。

タイトルは「イースIX -Monstrum NOX-」。

f:id:donabe18:20190210154444j:plain

コンセプトアートを見ると感じると思いますが、これまでのシリーズと比べてかなり印象が異なります。

イースはシリーズを通して明るめなイメージの作風なんですが、今回はかなりダークな雰囲気でおどろおどろしいというか。

前作「VIII」がかなり高評価だったので、こちらにも期待したいですね。

 

さてさて、簡単にシリーズを回ってみましたが、いかがでしたか?

本当はもっと語りたいところがあるんですけどね...(´・ω・`)

音楽が超サイコー!!とか、ヒロインの名前が面白い!とか。

まぁそれはそれで、まずは皆さんが楽しむきっかけとしてこの記事を書かせてもらったので、少しでもイースというタイトルへの興味が持てたのなら幸いです。