どなべのブログ。

どなべのブログ。

淡々とゲーム遊んだり、ゲーム持論を展開する予定です。

来月のおゲーム(2019年1月)

来月のおゲームです。

クリスマスイブ?知らんがな。

 

New スーパーマリオブラザーズ U デラックス (1/11発売)

f:id:donabe18:20181224191027p:plain

Wii Uで発売された、2Dマリオシリーズの移植作です。

といっても単なる移植ではなく、新キャラの追加や、Wii U版では別ソフトとして発売された「ルイージU」も収録されており、ソフト2本分の大ボリュームとなっております。

f:id:donabe18:20181224180744j:plain

2Dマリオのゲーム性については今更説明不要ですが、僕はこのタイトルのオリジナル版には手を付けていませんでした。

というのも当時、2Dマリオ、というかマリオのゲームがかなり乱発されていたんですよね...。

特に同時期に発売された「Newマリオ2」(3DS)は、あまりにもやっつけな感じの内容でして、この頃の任天堂のスタンスにはちょっと辟易していました。

(Switchが発売されてからはその考えを改めましたが)

 

というわけで2Dマリオ自体を遊ぶのは久々なので、それなら楽しめるだろうと思い購入に踏み切った次第です。

作品自体は比較的好評みたいですし、久々に童心に返ってマリオを楽しみたいですね!

 

 エースコンバット7 スカイズ・アンノウン (1/17発売)

f:id:donabe18:20181224181503p:plain

マリオの翌週はコチラ。

ナンバリングとしては実に12年ぶりになる、エースコンバットシリーズ最新作です。

発表から発売までが長かった本作ですが、この度ようやく日の目を見ることになります。

 

僕は当シリーズは「1」しかプレイしたことがありません。

なんとなくは知っていたんですが、このシリーズは「3」からシナリオ性も重視された大幅なモデルチェンジが行われたんですよね。

シナリオも「3」以降は作品ごとに繋がっているらしいので、ほぼシリーズ初見と言ってもいいと思います。

 

そもそもフライトシミュレーションゲーって(僕が知らないだけかもしれませんが)結構希少だと思うんですよ。

ましてや国内の大手メーカーが作ってくれるとなれば、そりゃもう期待大でしょう。

予約特典には、シリーズの中でも特に人気の高い「エースコンバット5」も特典として付いてくるみたいなのでお買い得です。

VRにも対応しているみたいですし、ちょっとエースパイロット感覚を楽しんでいきたいと思います!

 

Travis Strikes Again: No More Heroes (1/18発売)

f:id:donabe18:20181224191047p:plain

エースコンバットの翌日に発売されるのがコチラ。

須田剛一氏率いるグラスホッパーマニファクチュアのIP「NO MORE HEROES」シリーズの最新作です。

この作品は、Switchのハード発表会の時点から開発が示唆されていましたが、ようやく発売となりました。

 

NO MORE HEROES」シリーズは、数々の殺し屋が戦いを繰り広げるアクションゲームです。

Wiiで2作発売され、ハードの特性を活かしたチャンバラアクションがウリでした。

また、須田ゲー特有の世界観も特徴的。

氏のゲームは好みがハッキリ分かれる印象ですが、このシリーズは比較的受け入れられやすいと思います。

 

ですが、本作は前2作とはかなりイメージが異なります。

ソフトの情報が少ないので確定的なことは言えませんが、見おろし型の2Dアクションになっている模様。

f:id:donabe18:20181224182946j:plain

これはこれで楽しめそうですが、従来のファンに受け入れられるかどうかはちょっと怪しい気もしますw

今度の須田ゲーはどんな評価が下されるのか、別の意味でも期待ですw

 

バイオハザード RE:2 (1/25発売)

f:id:donabe18:20181224183208j:plain

出ました、1月の本命。

PS1をはじめ、様々な機種でリリースされたシリーズ2作目のリメイクです。

ちなみに「2」はバイオの中でも特にお気に入りの作品です。

 

なにしろオリジナル版は20年前の作品になりますので、大幅な改革が行われています。

大筋のストーリー以外は異なると言っても良いくらいでしょう。

昨年発売された「7」では1人称視点になるなどシリーズの大幅刷新が図られましたが、今作は「4~6」のような視点の操作になります。

ただ「4~6」ほどアクション性は強くなく、ホラー感や操作性は「7」に近い印象。

それぞれの作品の良いトコ取り、といった感じですかね。

 

アクション性の強い「バイオ」も嫌いではないですが、僕はやっぱり「バイオ」は怖くてナンボだと思っているので、今回は非常に期待しています。

オリジナル版をプレイしたことがある方はどう変わったかを楽しみ、プレイしたことのない方は新感覚の「バイオ」を楽しめるのではないでしょうか。

 

ちなみに本作は「CERO D」版と「Z」版が販売されます。

僕は当然、「Z」版を購入予定です。

かなりグロいらしいので、覚悟して挑みます...(´・ω・`)

 

ネルケと伝説の錬金術士たち ~新たな大地のアトリエ~ (1/31発売)

f:id:donabe18:20181224184221p:plain

1月のトリを飾るのはコチラ。

「アトリエ」シリーズ20周年記念作品です。

(延期して21年目になってしまいましたが...w)

 

本作は従来のアトリエシリーズのように「様々な依頼・課題をクリアしていく」というスタンスは変わらないようですが、大きく異なるのは「村の発展」という街づくりの要素があるということ。

村の住民達に各店舗を任せたり、探索地に派遣したりと、シミュレーション的な要素も取り合わせているようです。

 

また今作のウリとして、過去作に登場したアトリエキャラが総出演します。

僕はアトリエシリーズには疎いんですが、どのキャラも可愛いんですよねー。

この作品をきっかけにアトリエにも手を入れてみたいなー、と思い購入に踏み切りました。

 

ただひとつ。

延期したぶん、ちゃんとゲーム性が整っているかという点は危惧しています...。

なんでも噂ではかなりの部分が修正されているらしく、むしろその内容で出す気だったのか、と言わざるを得ません。

根強いファンもいるシリーズですし、この辺りはしっかりと力を入れてほしいですね。

 

 

 

さて、1月は以上の5本です。

新年早々忙しくなりそうですが、ゲーマーに休みはないのです。

皆さん、来年も有意義なゲームライフを送りましょう!