どなべのブログ。

どなべのブログ。

淡々とゲーム遊んだり、ゲーム持論を展開する予定です。

ゼルダコンサート2018、行ってきた!!

行ってきました!

ゼルダコンサート2018!!

 

前々から行きたいと思っていたコンサートに、この度ついに行くことが出来ました。

神々のトライフォース」が僕の永遠のバイブルであることはもはや周知の事実であり、ゼルダシリーズというのはそれだけ僕のゲーム人生に影響を及ぼしているのです。

それなら一度は行かなきゃ!と思って応募したら、抽選に見事当選。

生きてて良かった(´;ω;`)

 

さて、本公演に先立っていろいろ事前調査をしたのですが、今回の公演前には事前に関連グッズの先行販売があるようです。

なんでも、前回の30周年公演のときはそのあたりでいろいろグダグダになってしまい不評だったとかなんとか。

近年のTGSもそうですが、こうやって物販を時間調整してくれるのは有難いことですね。

開演は19時からで、16時から販売を行うとのこと。

そりゃ16時には着くように行くしかないだろー。

 

というわけでやってきたのは、渋谷にあるBunkamuraオーチャードホール

もちろん多少の混雑は予想していましたが...

f:id:donabe18:20181125165414j:plain

グワーッ!

想像以上の混雑っぷり。

到着したのは15:30頃でしたが、既に100人近くは並んでいました。

果たして買えるのか不安でしたが...普通に買えましたw

買ったものは後半で挙げまーす。

 

さてさて開演まで暇をつぶしつつ、ようやく18時に開場!

19時の開演までの時間、ホール内を散策していると...

f:id:donabe18:20181125165754j:plain

生楽譜や...

f:id:donabe18:20181125165817j:plain

プロモーション用に使われたゾーラ族のギターも!

f:id:donabe18:20181125181628j:plain

巨大パネル前で記念撮影も。

ファンアイテムも飾られており、開演までのテンションを大いに上げてくれました!

 

さて19時。いよいよ開演!

当然ですが演奏中の撮影や録画は禁止されていたので、稚拙ながら文章で状況をご説明いたします。

全曲は紹介しきれないので、個人的に印象に残ったものを。

 

今回はシリーズ作品の中でも登場する3つの楽器がピックアップされた構成となっておりました。

ファンにはおなじみ「時のオカリナ」と、

スカイウォードソードゼルダが奏でている「女神のハープ」、

最新作ブレス オブ ザ ワイルドに登場する「カッシーワのアコーディオン

の3種です。

 

オカリナ演奏では、「時オカ」と「ムジュラ」に登場するオカリナ楽曲を奏でてくれました!

(たぶん全部弾いてくれたんじゃないかな?)

最後の締めは「サリアの歌」。

オカリナとオーケストラとの融合が素晴らしかったです!

 

ハープ演奏では、お馴染み「大妖精のテーマ」を奏でてくれました。

ハープ特有の優しい音ながらも、同時に大妖精のVTRも流れたので、何とも言えない複雑な気持ちに...w

演奏前にはハープの紹介もしてくれたのですが、今回使われたのはコンサートでよく使用される「グランドハープ」。

47弦あり、7オクターブの高音も出せるみたいです。

あと知らなかったのは、ハープってペダルがあるんですね...

足を頻繁に動かすので、意外にも下半身の体力が大切というのがタメになりました。

 

アコーディオン演奏では、「BotW」のカッシーワメドレーを演奏!

最新作なので、聞き覚えのある方も多かったのではないでしょうか。

カッシーワがゲーム中で使用する楽器は厳密にはアコーディオンではないのですが、今回はそれのモデルになった「コンサーティーナ」という楽器も紹介されました。

本演奏で使われたアコーディオンは、いわゆるボタンアコーディオン

なんと17kgもあるそうです...( ゚д゚)

 

ここからは個人的に特に印象に残った演奏をご紹介。

 

まず良かったと思うのが、「夢をみる島」メドレーですね。

夢をみる島」は僕のお気に入りの作品の1つでもあるのですが、本作品の楽曲はGBのPSG音源で作られていますし、そもそもこの作品自体がゼルダ楽曲ではあまり取り上げられない印象だったので、まさかこうしてオーケストラにしてくれるとは思ってもいませんでした。

オーケストラ演奏のバックグラウンドでは実プレイの画面が同時に流れていたので、ノスタルジーに浸れて非常に感慨深いものがありました。

 

それから、「BotW」から「ガノン戦」メドレー!

ここで演奏前にサプライズゲストとして、シリーズでディレクターを務める藤林 秀麿氏が登壇!

開発にあたってガノン戦をどう演出するかを説明してくれたり、㊙企画書などを見せてくれたりとファンにはたまらないトークとなりました!

 

そして全プログラム終了後には更なるサプライズとして、ゼルダマリオシリーズの楽曲製作で知られる近藤 浩治氏まで登場!

「時オカ」メインテーマ、「時オカ」ミニゲーム、「ムジュラ」町長の家会議室、ゼルダメインテーマ、と4つの楽曲をピアノソロで披露!

短い時間ながらも、素晴らしい思い出となりました(´;ω;`)

もう一生聴けないんじゃないかな...

 

さらにさらに!

アンコール演奏として、「BotW」のトレイラーで使用された楽曲を演奏!

(↓この動画のBGMですね)

サントラにも最後に収録されたこの楽曲。僕大好きなんですよー。

盛り上がり感が半端なかったです...。

 

こうしてコンサートは全プログラム終了。

会場は一杯の拍手の音に包まれたとさ...。

 

さて、帰宅後にはグッズの整理を行いました。

数が多いので、まとめて公開。

f:id:donabe18:20181125181753j:plain

まずはコンサートパンフレット。

f:id:donabe18:20181125181758j:plain

マスターシート席の観客のみに提供されたオルゴール。ゼルダの子守歌が流れます。

f:id:donabe18:20181125181801j:plain

リンク人形、シーカーポーチ、ラバーキーチェーン、缶バッジ。

f:id:donabe18:20181125181805j:plain

クリアファイル3枚セット。それぞれの楽器がピックアップされています。

f:id:donabe18:20181125181807j:plain

Tシャツ。

f:id:donabe18:20181125181809j:plain

フェイスタオル。

こんなところですね。

フェイスタオルは勿体なくて使えねぇ!!

 

さてさて、報告は以上となります。

僕はこういったオーケストラのコンサート自体、滅多に行く機会が無いのでそれだけでも新鮮な体験ができたのですが、やはり自分が好きなモノのイベントとなると熱の入り方が違いますね!

このゼルダコンサートは毎年行われているわけではありませんが、それ以外にもゲーム音楽を題材にした公演は色々と行われています。

今後はこういった方向のイベントにも意識的に調査しつつ、機会があればちょくちょく行ってみたいと思います!

僕は田舎在住なのでそれ相応の費用がかかったりはしますが、それだけ行く価値は十分にあると感じた、今回の公演でした。

 

本当に良かったー!!(*´ω`*)

 

f:id:donabe18:20181125182730j:plain

公演前にいただいたラーメン。美味しかったです。