どなべのブログ。

どなべのブログ。

淡々とゲーム遊んだり、ゲーム持論を展開する予定です。

来月のおゲーム(2018年11月)

来月のおゲームです。

11月は3本と比較的少なめ(?)なので、早々に記事にしてしまおうかと思いました。

 

例のごとく、発売日順に紹介していきますー。

 

①Déraciné (11/8発売)

f:id:donabe18:20181020185425j:plain

今年のE3で発表のあったVRゲーです。

SIEジャパンスタジオとフロム・ソフトウェアの共同タッグという、「Bloodborne」と同じ開発体制で作られています。

 

ディレクターは、「ダークソウル」シリーズや「Bloodborne」でおなじみの宮崎英高氏。

デモンズソウルの頃から氏のつくる世界観には本当に圧倒されてばかりですが、今回は死にゲーとはうって変わっての古典アドベンチャーとのこと。

これはこれでもちろん期待大なのですが、「ひょっとして何かとんでもないどんでん返し的なサプライズがあるんじゃないか...?」と変にまさぐってしまうあたり、僕もフロム脳です。

 

ただこのゲームに関して宮崎氏は、

「素直な気持ちで楽しんでいただきたい」

「断片からいろいろな物事を推察する、というフロム・ソフトウェアらしい語り口をかなり強調しているゲームだと思います」

とインタビューで述べています。

 

あまり偏った見方はせず、まずは純粋な気持ちで楽しみたいと思いますw

そしてクリア後に考察しまくるのです!

 

テトリス エフェクト (11/9発売)

f:id:donabe18:20181020190314j:plain

「Déraciné」の翌日にはこちらも登場。

以前も本ブログで紹介させていただきました。

 

幼少期をテトリスで過ごしてきた身としては、こちらも期待大ですね。

テトリスとして楽しむのはもちろんですが、このゲームのウリはやはりビジュアル面でしょう。

Rez Infinite」もそうでしたが、Enhance製作のゲームはいつもその圧倒的ビジュアル感に度肝を抜かれます。

今作は通常プレイはもちろん、VRにも対応しているとのことですので、どんなカタルシスが僕を待ち構えているのか楽しみでなりません。

 

というか、「Déraciné」といい「ASTRO BOT」といい、最近はVRゲーの熱が再燃していますね!

少しホコリをかぶり気味だった我が家のPS VRも、久しぶりにフル稼働してくれそうです。

 

ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ (11/16発売)

f:id:donabe18:20181020190930j:plain

いよいよ登場、ポケモン最新作。

僕はピカチュウ版を購入します。

 

僕がポケモンを購入するのは、「ダイパ」以来ですねー。

学生時代に当時の彼女と一緒に遊んだ、忘れたい思い出のある一作です。

 

それはさておき、今作は一応「初代ピカチュウ」版のリメイクという位置づけになるようです。

とはいえポケモンGOとの連動や新ポケモンの登場など、ほぼ別作品と言っていいほどのアレンジが施されているようですし、新鮮な気持ちで楽しめそうですね。

 

同日発売の「モンスターボール Plus」も購入予定です。

コントローラーとしても使えるほか、ポケモンを中に入れたり、ポケモンGO用のデバイスとしても使えたりするそうですね。

ここはひとつ皆さんも、童心に返ってポケモンゲットするのはいかがでしょうか。

f:id:donabe18:20181020191436j:plain

 

【番外】トランスファレンス(11月発売?)

f:id:donabe18:20181020191530j:plain

UBIソフトが送るVRゲーが来月発売...とのことです。

今年のE3でも発表された、俳優のイライジャ・ウッド氏プロデュースのホラーゲームですね。

 

興味津々なので購入!...したいところなんですが、公式ページも無く情報が少ないのが現状です。

先日行われたイベント「UBIDAY 2018」では、11/15発売と情報もあったとのことですが、真偽不明。

まぁ遅かれ早かれリリースはされると思いますし、気長に待つことにします(´・ω・`)

 

 

さて、こんなところでしょうか。

トランスファレンスも含めると、11月は4本中3本がVRゲーという月になります。

あまりアピールしていませんが、僕はVRには結構頑張ってもらいたいと思っているんですよ。

なので販促も含めてこれらはしっかり買いたいと思いますw

 

もっとも、来月は「レッド・デッド・リデンプション2」で忙しくなっていそうですが...w