どなべのブログ。

どなべのブログ。

淡々とゲーム遊んだり、ゲーム持論を展開する予定です。

我が家のコントローラー革命 (復活編)

寒くなってきましたねー。

我が家もファンヒーターを出しましたが、僕はデブなのでまだ扇風機も使っています。

自室には2台ともあるので部屋が狭い...w

 

さて、先日は「Forza Horizonシリーズを遊んでいるよ!」という旨の記事を書きましたが、現在進行形で楽しんでおります。

今度また記事にするので、もう少々お待ちください。

 

今回は別のお話。

 

いやー、また買っちゃったんですよね...

 

コントローラー!!

f:id:donabe18:20181017205524j:plain

 

これは「Razer Raiju Ultimate」と呼ばれるもので、PC等のゲーミングデバイスを販売している「Razer」社が出した最新のPS4/PC向けコントローラーです。

先日もプロ仕様コントローラー買ったばかりだし、今回はガマン...と思っていたのですが...物欲って怖いですね...

しばらくカップ麺生活やな...(´・ω・`)

 

それはさておき、こちらもSIEのライセンスを取得した、れっきとした由緒ある(?)コントローラーなのです。

というわけで今回も写真を中心に、簡単なレビューでご紹介。

 

まずは開封

f:id:donabe18:20181017210124j:plain

由緒あるコントローラーはケースも付いている。

こういうサード製のプロ仕様コントローラーは、必ずと言っていいほどケースが付いてますよね。

 

主な付属品はコチラ。

f:id:donabe18:20181017210141j:plain

ケーブルと替えのスティック&十字キー

まぁ中身はオーソドックスですね。

USBケーブルと替えのスティックです。特に変わったものは付いておりません。

あ、ちなみにケーブルが付いておりますが、無線でもプレイ可能です。

 

ではさっそくコントローラーをジックリと。

f:id:donabe18:20181017210419j:plain

ごっつい。

見てのとおり、かなりずんぐりとした体形ですね。

握り心地はXbox Oneのコントローラーに近いです。

とにかくグリップがデュアルショック4のそれとは大きく異なるので、使い始めは違和感を感じるかもしれません。

f:id:donabe18:20181017210541j:plain

純正との比較。ガリとデブ。

スティックも各種取り揃えております。

長短2種類と、グリップ面が凸になっているモノの3種類です。

ちなみにデフォルトは真ん中の短いヤツ。

残念ながら、各種1本ずつしか用意されておりません。

f:id:donabe18:20181017211348j:plain

 

このコントローラーで面白いのは、十字キーも替えられる点。

上下左右を強調したモノと、斜め入力も考慮したなだらかな仕様のモノの2つです。

これはゲームによって使い分けするのが一番でしょう。

f:id:donabe18:20181017211611j:plain

 

他にも、タッチパッド周りをイルミネーション点灯させることも可能です。

これいる?

f:id:donabe18:20181017211903j:plain

デフォルトだとかなりまぶしっ!

 

そしてプロコントローラーといえば、背面にあるパドル。

例にもれず、本製品にもばっちり付いております。

f:id:donabe18:20181017210854j:plain

写真を見ると分かるかと思いますが、背面にドーンと搭載されているパドルの他に、L2R2の内側にもサブボタンが搭載されています。

さらにその下部には、L2R2のストロークを半分にするためのスイッチが。

 

ここまで見てピンと来たかたもいるかもしれませんが、Xbox Oneのエリートコントローラーをかなり意識してる感じがしますね(本ブログでも以前に紹介しました)。

 

で、話は戻ってこれらの追加ボタンですが、専用のアプリを使って任意のボタンを設定することが出来ます。

f:id:donabe18:20181017211249p:plain

ボタンの割り当ての他、バイブレーション機能の強弱を設定出来たり、先述のイルミネーションの演出を変えることも可能です。

 

 

さて、肝心の使い心地ですが...

 

 

うーん...(´・ω・`)

 

 

いや、なんというかすぐに良い点と悪い点がハッキリしたんですよ。

 

まず良い点は、さっきも少し述べましたがそのニギニギ具合。

Xboxコンに近い印象なので、それに慣れてる人ならかなり好印象を受けると思います。

デュアルショック4みたいに長いグリップでガッチリ握るほうが好き!という人もいるかと思いますが、個人的には僕はXboxコンのグリップのほうが好みなんですよね。

なのでコレは良かった。

 

イマイチだったのは、ボタンの押し具合。

具体的には、□△○×ボタンです。

まずボタンそのものが小さい。

そしてかなりストロークが短く、押した感じがしない。

さらには押すたびに「カチッカチッ」っとハッキリとした音が聞こえる。

逆三倍満です。正直これはキツい。

 

他のボタンはそんなに悪くなかったんですけどね。

LRボタンはうまい具合に押す箇所が凹んでいて純粋に押しやすかったし、OPTIONボタンやSHAREボタンに至ってはデュアルショック4より使いやすい。

けど□△○×が全てをダメにしている印象。

 

 

結論。

特定の格闘ゲームFPSで遊ぶ人には重宝するかもしれませんが、それ以外に関してはデュアルショック4に軍配が上がります。

くどいようだけど、□△○×がなんとも使いづらい。

しかしグリップの好印象も捨てがたいので、デュアルショック4の形が気に入らない方にはおススメ出来るかも。

ただそれに2万円以上出せるかと言われると...ね...(´・ω・`)

 

 

ぶっちゃけ、個人的には失敗に近い買い物でした。

けどせっかくなので少しは使いたいよね!

L2R2の押し具合も良かったし、GT SPORTにでも使ってみようかしら。

 

バランスの良いコントローラーを求めるなら、結局は純正のデュアルショック4が一番!

という、なんともお粗末な結果に終わったのでした。

おしまい。

f:id:donabe18:20181017214100p:plain

結局これが一番落ち着く。