どなべのブログ。

どなべのブログ。

淡々とゲーム遊んだり、ゲーム持論を展開する予定です。

ForzaをHorizonする生活。(前編)

先日のブログで、Xbox One / PCで発売の

Forza Horizon 4

をご紹介しました。

f:id:donabe18:20180930181511j:plain

予定通り購入し、遊んでいたのですが...

「あれ?これ神ゲーじゃね?」

とアンテナがピーンと立ち、現在進行形で熱中プレイ中なのです。

 

そこでさっそく「これはブログで取り上げないと!」と思ったのですが...

 

前回申し上げた通り、僕はHorizon2・3はプレイ済みです。

ですが実は両方ともクリアまでは到達しておらず、途中で投げ出してしまったということをここに暴露しますw

 

今回は心機一転ということで、1作目を買い、シリーズ通してクリアを目指し、そしてそれからブログで紹介するのがスジというものではないか!

と考えた次第でございます。

この記事を書いている段階でとりあえず「1」「2」はクリアしたので、感触を交えつつご紹介したいと思います。

 

「今更古い作品のレビューとか意味あるの?」

とか言わないように!

好きでやってんだから(´・ω・`)

 

 

まず簡単に、

Forza Horizon」って何ぞや?

というところからご紹介。

f:id:donabe18:20181008212414j:plain

Forza Horizon」は、Xboxで展開されているレースゲーム「Forza」シリーズのスピンオフ作品です。

 

オリジナルの「Forza」は「グランツーリスモ」シリーズなどと同様にリアリティを重点的に製作されたレーシングシミュレーションゲームなのに対し、「FH」は自由気ままに設定されたロケーションを走行するオープンワールド形式が取られています。

自由に走れるので、クラッシュや未舗装の道路を走るのも思うがまま。

本家シリーズと比べると、爽快感や自由度を重視したゲームですね。

 

そして今月発売されたのが、最新作の「4」というわけです。

 

ということを踏まえて、さっそく1からレビューしていきます!

 

Forza Horzion (2012年発売)

f:id:donabe18:20181008212516p:plain

記念すべき第一作は、前世代機のXbox 360で発売されました。

ですが本作は、Xbox Oneの下位互換対応ソフト、しかも画質向上の「Enhanced」対象ソフトなので、現代とほぼ変わらぬクオリティの画質で楽しめます。

一作目ということで、大まかな特徴は前述の概要で話したとおりです。

本作の舞台はアメリカ・コロラド

雄大な大地を舞台に、お好きな車で自由に走れることが出来ます。

 

ちなみに自由に走れる、といってもしっかり目標は設定されています。

「Horizon」と呼ばれるカーレースイベントに出場した主人公が、コロラド各地のレースイベントに出場し、名だたるライバルを倒して頂点を目指していく...

というのが大まかなバックストーリーです。

f:id:donabe18:20181008212610p:plain

【良かった点】

  • 走りやすい

本作に限ったことではないですが、本シリーズは本家「Forza」よりもクルマの挙動が大味に感じます。

これは広大なオープンワールドを走りやすくするため、あえてこういう設定にしているのでしょう。

ちょっと慣れればドリフトも比較的簡単です。

「走りやすさ」というのはレースゲーにとって重要なポイントでありますので、地味ながらここは評価したいところです。

 

  • オプションが充実

「最近のレースゲーは難しすぎる!」なんて人にも安心です。

本作は難易度緩和のためのオプションが充実しています。

CPUのレベルはもちろん、ブレーキやステアリングのアシスト機能、そしてシリーズではおなじみのリワインド機能(いわゆる巻き戻し)も付いていますので、非常に入り込みやすい内容となっています。

上級者の方には設定を厳しくすることでボーナスが付きますし、この点は非常に優秀だと感じましたね。

f:id:donabe18:20181008212719p:plain

 

  • ローカラーズが秀逸

本作は完全日本語吹き替えです。

キャラクターのセリフはもちろん、ラジオのナレーションなどもしっかり日本語に対応しているのでここも加点対象。

というか、次作以降がちょっと残念なだけなんですけどね...

 

【悪かった点】

  • ウザいキャラクター達

本作の特徴の一つとして、登場人物の多さが挙げられます。

各地のライバルたちと競り合ってレースに勝っていくわけですが...このキャラクターたちがクセモノ揃い。

ドライビングには疎いけど金の力で勝ち上がってきた成金や、キザでうぬぼれ屋なセレブなど様々。

レースの度にこのライバル達のひと言が入ってくるのですが、これがウザいウザい。

そのくせ負けたらすぐ退散するし、何がしたいのかよく分かりません。

そもそもレースゲーにこんな個性派なキャラクターやドラマがいる?といった疑問があります。

ちなみに世間的にも不評だったのか、「2」以降はこういった個性派キャラクターは登場しません。

 

  • 資金巡りは割とカツカツ

クルマの購入や改造には資金(クレジット)が必要になります。

この資金が微妙にギリギリな感じで設定されており、初心者設定で遊ぶとかなりカツカツになります。

レース前に自車の性能が不足しているとナビゲーターが改造を推奨してくれるのですが、これが高いのなんの...。

しまいには性能を落とすにも資金が必要だったりします。

このバランスも不評だったのか、「2」では改造無しでも十分勝てる調整になりました。

 

  • フィールドが狭い

当時は話題になったのでしょうが、今遊ぶとさすがにフィールドの狭さは否めません。

加えて後継作品では可能になりましたが、今作では未舗装のフィールドにはほとんど入れません。

絶対防御のガードレールでブロックされていますw

まぁシリーズ黎明期の作品ですから致し方ない部分はありますが。

 

【総評】

良い点・悪い点ともにいろいろと出ましたが、最終的には今遊んでも十分楽しめる作品でした。

とはいえ後継作品と比べるとさすがに見劣りしますね。

コロラドの雰囲気を楽しむのには良いのではないでしょうか。

 

 

Forza Horzion 2 (2014年発売)

f:id:donabe18:20181008213746p:plain

シリーズ第2作目。

今作のみ、Xbox360Xbox Oneの縦マルチ作品としてリリースされました。

グラフィックにはかなりの差があり、特にこだわりがなければOne版一択ですね。

当然、僕もOne版で遊びました。

 

概要はほぼ変わらないので、良かった点と悪かった点のみを、主に前作と比較しながら列挙します。

 

【良かった点】

  • ロケーションが豊富

今回の舞台はフランスとイタリア。

地中海寄りの地域が再現されており、このあたりの雰囲気が大好きな僕にはたまりませんでした。

のどかな田園地帯や白壁の可愛らしい建物、地中海ならではのリゾート地など。

さらに、時間や天候の変化によってもあるので、よりリアルな地中海ドライブを満喫できるというわけです。

f:id:donabe18:20181008213926p:plain

 

  • フィールドの範囲が増えた

ここでいう「範囲」というのは、単純な広さのことではなく、フィールド内で走り回れるエリアのことを指します。

前述のとおり、「1」では道路以外の走行可能範囲がかなり制限されており、マップ内を自由に走り回れるとは言えませんでした。

今作は、草むらなどの未舗装どころか「道」ですらない場所も走れるので、より自由度が増しています。

f:id:donabe18:20181008214017p:plain

  • 資金巡りが緩和された

前作ではカツカツだった資金も、今作は余裕です。

ほぼ必須だったチューニングも必要なく、どノーマルなクルマでも十分に勝てるような難易度調整となっています。

これにより、テンポよくキャンペーンを進めることが可能になりましたね。

 

今更ですが、本シリーズにはフォトモードも搭載されています。

1作目にもありましたが、発展途上といった感じであまり勝手が利きませんでした。

本作から本格的に写真を撮ることが可能になり、素人でもそれなりにカッコよく撮れます。

というわけで僕が撮った写真を一部ご紹介。↓

f:id:donabe18:20181008213133p:plain

f:id:donabe18:20181008213226p:plain

f:id:donabe18:20181008213305p:plain

f:id:donabe18:20181008213330p:plain

たーのしー!

 

【悪かった点】

  • ドライビングラインが若干見づらい

走るのに最適な道を示してくれる「ドライビングライン」。

非常に便利なものではあるのですが、今作のは若干見えづらいです。

アクセルを緑色、ブレーキを赤色で示してくれるのですが、なんか薄いんですよね。

前作から劣化した数少ない欠点です。

 

  • フリーズが多い

キャンペーンクリアまでに3回フリーズしました...。

特に最後のフィナーレレース(1回約15分)のクリア直後に起きたのは萎えたわぁ~...。

オートセーブ方式なので、被害は少なめで済みますけどね。

 

そこまで気になる点ではないですが、たまにローカライズがおかしい箇所がありました。

字幕の文章と声が一致していなかったり(言っている内容は同じですが)。

 

【総評】

前作の欠点をほぼ改善した素晴らしい内容のゲームでした。

やりこみ要素も増えていますし、遊ぼうと思えばまだまだ遊べるでしょう。

自由度の高いドライブが楽しめるし、レースイベントの幅も広がっています。

地中海の雰囲気が漂う箱庭でお気に入りのスーパーカーを走らせたり、世界中の車好きと一緒にレースをしたりと、自分なりにドライブの魅力を追求できる一本と言えるでしょう。

f:id:donabe18:20181008214144p:plain

 

さて、こんなところでしょうか。

次回は「3」と「4」をクリアしだい執筆に入ります。

出来れば来週いっぱいにはクリアしたいなーw