どなべのブログ。

どなべのブログ。

淡々とゲーム遊んだり、ゲーム持論を展開する予定です。

PlayStationのE3前カウントダウン映像・第1弾「TETRIS EFFECT」

f:id:donabe18:20180607165459j:plain
先日の記事の続きです。

本日0時に、さっそくPS4新規タイトル第1弾が発表されました!

タイトルは、「TETRIS EFFECT」!

「まさかのテトリスぅ!?」

と、驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

というか僕です。

テトリスと言えば、もはや説明不要の世界的パズルゲームですからね。

発表された瞬間は「な、なぜテトリス...?」と、正直ちょっと複雑な気持ちがありましたw

 

が、改めてトレイラーの色鮮やかさを見て驚愕。

水口哲也氏率いる「Enhance」によって製作されたビジュアルは、圧巻のひと言です。

f:id:donabe18:20180607171931p:plain

公式よりキャプチャ画像。ふ、ふつくしい...

水口哲也氏といえば、「Rez」や「ルミネス」、「Child of Eden」などの製作者として有名ですね。

僕もPSP時代にルミネスに熱中し、最近はVRの「Rez Infinite」の圧倒的VR感にトリップしまくりました。

(今度出るルミネスリマスターももちろん買います!)

f:id:donabe18:20180607170438p:plain

ルミネス。今度のリマスター版は、個人的傑作の初代がベースとのこと。

f:id:donabe18:20180607170440j:plain

Rez Inifinite。Area Xのトリップ感は漏らしそうになる。

 

で、本題。

このように美麗なグラフィックで魅せてきたEnhanceがテトリスを手掛けるとなれば、そりゃ美しくならないはずがありません。

当たり前のように4K/60fps対応、そしてPS VRでもプレイできるというから驚きです。

ただ、VRテトリスって想像がつきませんねw

 

水口氏の公式コメントによると、

海の奥深くから宇宙の遙か彼方まで、『Tetris Effect』の30以上のステージは単なる背景でなく、音楽とキャラクター、そしてそれぞれのステージ専用にアニメーションがユーザーのプレイによって変化し、プレイしている人の感情を呼び起こすように作られています。気分を引き出し、感情的な反応を引き起こすことさえあるんです。

 

とのこと。

プレイによってビジュアルが多様に変化するというのは、見ていて飽きなさそうです。

僕も幼少のころからテトリスで育ってきたので、トレイラーを見ているうちに非常に興味が出てきました。

 

共感してくれる人も多いと思いますが、不思議とテトリスって飽きないんですよね。

そして遊びすぎると、日常の何気ないところでブロックが浮かび上がってきたりするのを想像しちゃったりするんですw

f:id:donabe18:20180607172215j:plain

身近なモノがブロックに見えてくる...そんな経験ありません?

この現象は「テトリス効果」と呼ばれているらしく、トレイラー動画でも説明されていますね。

再び水口氏のコメントを拝借すると、

本作『Tetris Effect』着想の背後にあるのは、この頭の中から離れないというふしぎな感覚を、単にブロックが落ちてくるだけではなくて、ビジュアル、サウンド、音楽すべてに増幅し、新たな体験に拡張する、ということ。(中略)各ステージの背景要素や、音声、特殊効果から、「テトリス」のブロックに至るまで、みなさんのプレイにシンクロして、脈打ち、踊り、光り輝き、炸裂するんです。

つまり皆さんが感じているこの「テトリス効果」を、五感にさらに感じさせ、新感覚を呼び起こす、というのが本作のコンセプトといえるでしょうか。

文章にしても分かりにくいところはあると思うので、今は早く遊びたいです!w

 

テトリスといえばモードも気になりますが、ゲームオーバーまで続ける「マラソン」や、規定のラインをどれだけ早く消せるかを競う「スプリント」など、おなじみのモードは健在のようです。

他にもオリジナルモードやシステムもあるみたいなので、続報が待たれます。

 

TETRIS EFFECT」は、今年の秋発売予定。

既存のゲームでここまでワクワクするなんてなかなか無いと思います。

発売が待ち遠しいです!(`・ω・´)