どなべのブログ。

どなべのブログ。

淡々とゲーム遊んだり、ゲーム持論を展開する予定です。

レビュー「返校 -Detention-」(Switch / PC)

f:id:donabe18:20180526095632j:plain

タイトル画面からして怖い。

僕は、ちまちまホラーゲーも遊んだりします。

特に学生時代に遊んだ「サイレントヒル2」には衝撃を受けました。

単にプレイヤーを恐怖に陥れるだけでなく、その物語の深さや設定の凝り具合など、それまでのホラーゲーとは一線を画していたと言っていいでしょう。

今回は、そのサイレントヒルシリーズにも感化されたという「返校」をレビューしたいと思います。

 

「返校」は台湾のRed Candle Gamesが開発したインディーズホラーゲームです。

1960年代の台湾が舞台で、謎の怪異現象によって学校に閉じ込められた生徒が脱出を図る、という内容になっています。

システムは「クロックタワー」シリーズのようなポイント&クリック型の2Dホラーアドベンチャーゲームで、アクション性は低めです。

日本ではSwitch版とPC版が、北米ではそれらに加えてPS4版が配信されています。

 

ちなみに「返校」は、日本語で「下校」を意味するそうです。英題の「Detention」は「拘留」とか「引き留める」といった意味。

真の意味は、プレイ後に分かると思います。

 

あ、ネタバレが大きい作品ですので、今回は文章控えめでいきたいと思います。

 

【良かった点】

  • 精神的にジワジワと迫る演出

当たり前ですが、ホラーゲームなので怖いです。

ただ、怖いと言っても流血表現やショッキングな演出などは抑え気味で、突然驚かせるようなビックリ要素もほとんどありません。

次第に精神に迫ってくる、ゆっくりとした恐怖があります。いわゆる「日本的な恐怖」ですね。

こういう面に「サイレントヒル」の影響があるのかもしれません。

f:id:donabe18:20180526095842j:plain

見るだけで分かるこの不気味具合。

ビジュアル的にはかなり不気味で、どのキャラクターも色白で不健康そうに見えますw

プレイを進めていくと、人間ではない異形の存在が出てきますが、これもまた妙に動きが滑らかで、襲い掛かってくると「キモイキモイ」と感じてしまいました...

 

このゲームの最大の特徴と言ってもいいでしょう。

前述のとおりこのゲームは、学生が学校内を探索して脱出することを目標に進んでいく物語なのですが、途中から予想もしなかった展開になり、最終的には「台湾の政治情勢」が絡んだとても深い内容になっています。

台湾の政治情勢って、正直日本人には馴染みが薄いですよね。

しかし60年代の台湾は戒厳令が敷かれ、反政権的な思想はもちろん、本を読むことさえも取り締まられた時代だったのです(いわゆる「白色テロ」)。

こういった時代背景を基に、本ゲームの真のテーマをプレイヤーは知ることになります。

ただ、クリアしただけでは少し結末が分かりにくいかもしれません。

クリア後は、ぜひ考察サイトなどを閲覧することをおススメします。

f:id:donabe18:20180526095941j:plain

先生と生徒。何を語っているのか。

【悪かった点】

悪い点はほとんど見当たらないのですが、以下の1点だけ。

  • 真エンディングの条件が難しい

本作は、2種類のエンディングがあるマルチエンディング方式です。

そのうちの一方、いわゆる真エンディングに到達するのはちょっと難解。

ネタバレが絡むので方法は伏せますが、解法を載せた攻略サイトもあるのでそちらをご覧ください。

まぁ、バッドエンディングを迎えたとしても、本作はシナリオ選択が出来るため、途中から再開すればすぐに両方のエンディングを見ることは可能ですので心配無用。

 

【総評】

f:id:donabe18:20180526100130j:plain

屋上から何かを眺める少女。

単なるホラーの枠を超え、台湾の暗い歴史に深く切り込みを入れたとても社会派な作品です。

もちろん映像表現も優れていますしホラーとしての怖さもありますが、クリア後には台湾の時代背景に興味が出るほどの物語性が存在しています。

ローカライズも完璧で、誤訳等は見当たりませんでした。

だいたい1周4~5時間あればクリアできる内容ですので、是非ともプレイしてほしい傑作ホラーです。

 

なお今回プレイするにあたって、TwitterのフォロワーさんからSteam版をプレゼントして頂きました。

Y氏、どうもありがとー(´・ω・`)

f:id:donabe18:20180526100157j:plain

開始時の注意書きも怖かった。