どなべのブログ。

どなべのブログ。

淡々とゲーム遊んだり、ゲーム持論を展開する予定です。

来月のおゲーム(2019年6月)

POLYMEGA買いました(唐突)。

f:id:donabe18:20190519144407j:plain

 

これは追々レビューしようと思います...ニヤニヤ 

 

 

さて6月の購入予定ゲームなのですが、来月はちょっといろいろ事情が異なるタイトルがあったりします。

購入が確定しているのは下記の一本のみなので、まずはそれを紹介。

 

スーパーマリオメーカー2 (6/28発売)

f:id:donabe18:20190519151247j:plain

Wii Uで発売され、人気を博したマリオメーカーの続編です。

おなじみ2Dマリオのステージを自作することで、それを全世界に公開したりすることができます。

大人気だった前作、今回も話題となるのは間違いないでしょう。

任天堂もかなり力を入れているのか、先日は「マリオメーカーダイレクト」が放送されましたしね。

かくいう僕も、実はこのダイレクトを見るまでは買う気は毛頭ありませんでした。

15分視聴した結果、ココロ動かされちゃいましたけどね...(´・ω・`)

ダイレクトコワイ

 

このソフトの醍醐味はやはり「クリエイト」にあると思いますが、ただ僕はクリエイティブ精神に欠けている人間ですので、皆さんが作ってくれたステージを遊ぶ「プレイ専門」に努めたいと思います。

それだけでも十分楽しめると思うし、というかそもそも100ステージもプリインストールされてるみたいだし、お値段以上の価値はあるんじゃない?(´・ω・`)

まぁ気が向いたら自作にも手を出してみようかと。

 

 

さて、次の2本は海外でのみ6月の発売が決定しているタイトルのご紹介です。

まだ日本ではどちらも発売日のアナウンスはされていません。

ていうか来月なのにまだ告知されていないってどうなんじゃ?

 

クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!

f:id:donabe18:20190519151341j:plain

クラッシュ・バンディクー」初期3作に引き続き、シリーズとしては初めてスピンオフとしてリリースされたレーシングゲームがリメイクされます。

僕はオリジナル版「クラッシュ1~3」はリアルタイムでも楽しんだんですけど、このレーシングには手を付けていなかったのですよね。

オリジナル版はなかなか高評価らしく、レーシングゲームとしての出来は高いようです。

それなら買ってもいいかなぁ、と。

 

ただこの作品、先述のとおり日本ではまだ正式な発売日の告知がありません。

北米での発売は6/21。果たして同日発売となるのかどうか...。

PS公式では「日本での情報は後日お知らせいたします」とは言っていますが、そろそろ情報クレー!!

ちなみにXbox Oneでも発売するようです(商品ページはありますが、予約はできないようですね)。

 

③Bloodstained: Ritual of the Night

f:id:donabe18:20190519151436j:plain

全世界120億のIGAファンの皆様、お待たせいたしました。

いよいよ新生IGAキュラが発売です。

 

2015年にKickstarterでプロジェクトが開始され早4年...僕も出資に協力させていただきましたが、いやー長かった!w

一時は延期されたりと紆余曲折ありましたが、無事に発売されるようで何よりですね。

「求めるクオリティに達しない可能性がある」というのが延期の理由だったのですが、先日公開されたトレイラーを見ると、なるほど確かに画質や動きのクオリティが上がっています!

https://www.youtube.com/watch?v=moU7YFoGXgs

延期してでも待った甲斐があったっていうものです。

 

さて、本作の発売日ですが、

  • 6/18→PS4/Xbox One/PC(各DL版)
  • 6/21→PS4/Xbox One(各パッケージ版)
  • 6/25→Switch(DL版)
  • 6/28→Switch(パッケージ版)

と、やたら媒体ごとにバラバラです。

僕はKickstarterの出資報酬としてPS4のパッケージ版が貰える予定。

ただ、送付先とか細かい連絡がまだ来ないんですよね...。

果たして間に合うんでしょうか...(´・ω・`)

 

 

さて、6月はこんな感じで発売に関してちょっとイレギュラーなタイトルがありました。

まぁ6月に発売されなくても、今回ご紹介したタイトルは買うつもりですけどね。

それと来月はE3!むしろこっちが本命!(と言っていいのか?)

昨年と同じように、各カンファごとに記事に出来ればなーと考えています。

今からワクワクが止まらねぇぜ!

今年も祭りの季節が近づいた...E3 2019で期待すること。

さてさて、早いものでもう来月はE3ですね。

世界最大規模のゲーム見本市であるこのイベント、6月はゲーマーが1年でもっとも心躍る月ではないでしょうか(昨年の記事のテンプレ)。

f:id:donabe18:20190513155811j:plain

ゲーマーのユートピア、E3。

とか言ってますけど、本当にこの1年は早く感じました。

ブログ初めてそろそろ1年経ちますけど、まずは1年続けられたことに感慨深さを感じますね。

まぁそれは追々別の記事にするということで。

 

さて本題。

今年のE3...もちろん楽しみには楽しみなんですが...。

正直に言います。昨年ほどは期待していません。

 

理由は1つ。

SIE参加しねーからだよ!!!

 

いやー、ファーストが参加しないってよっぽどじゃない?(´・ω・`)

SIEが参加しないという初報を聞いたときは

「あっそうなの、まぁ良いんじゃない?(ハナホジー)」

くらいにしか考えていませんでしたが、やはり本番が近づいてくると寂しいものです。

ツンデレか。

 

そもそもSIEが参加しない理由は、

SIEにとって、ファンの皆様あっての「プレイステーション」であり、その皆様に喜んでいただけるよう、常に創意工夫を行い、異なる様々な視点から考え、新しい手法を探求していくなか、ひとつの結論として、2019年のE3出展を見送ることを決定いたしました。

(Game Informerの記事より引用)

とのこと。

うん、よく分からんな!

 

まぁ裏を返せば、E3とは別に何かを発表することを示唆している証拠ではないですかね??

PS5とかPS5とかPS5とか。

 

まぁ参加しないものは仕方ないので、今回は例によって他の企業のカンファレンス等をご紹介していきたいと思います。

 

 

Electronic Arts (EA)

日本時間 6/8(土)~6/10(月)

f:id:donabe18:20190513155847j:plain

EAといえば赤。

EAは、今年も恒例となった「EA PLAY」と題するイベントをE3前に開催します。

『ん?日にちはともかくカンファの時間帯が書いてねーぞ?』

と思ったかもしれませんが、今年のEA PLAYはライブ配信を中心に行う」んだってさ。

EAよ、お前もか。

 

まぁしかしカンファレンスは行いませんが、新作を公開することは明言しているようです。

先日、日本でも予約が開始された「Star Wars Jedi: Fallen Order」のゲームプレイが初披露されることが決定しております。

あとこちらは未定ですが、BioWareが手がける「Dragon Age」シリーズ新作が発表されるのかどうかも注目ですね。

 

ただねー...最近のEAについてはあまり良い印象は持っておりません...(´・ω・`)

「ANTHEM」の件とかもありますし。

このEA PLAYで僕の評価を覆せるか、個人的に注目です。

 

 

マイクロソフト

日本時間 6/10(月) 午前5:00~

f:id:donabe18:20190513155937j:plain

昨年MVPカンファを行ったMS。今年も期待。

今年もE3カンファのトップバッターを務めるのはマイクロソフト

プレスカンファレンス「Xbox E3 2019 Briefing」と題したカンファレンスです。

 

今年の注目はやはり次世代Xboxでしょう。

SIEも既に次世代PSの情報を公開しはじめていますし、こちらも何かしらの発表がされることが期待されます。

Xboxのドン、フィル・スペンサー氏も『今年のE3は大きく出る』という旨の発言をしてますし、一層期待が高まりますね。

 

ソフトのほうに関しては、昨年のカンファでは非常に多くのタイトルが発表され、他のカンファよりも群を抜いている印象でした。

まず、ファーストタイトルでは昨年発表された「Halo Infinite」や「Gears 5」の情報がそろそろ欲しいところ。

サードパーティータイトルやインディータイトルも昨年はこのMSカンファで多数紹介されましたし、今年も楽しみにしたいところです。

 

 

ベセスダ・ソフトワークス

日本時間 6/10(月) 午前9:30~

f:id:donabe18:20190513160043j:plain

Be together Be together こ・ん・や・は~(古い

MSカンファからほとんど間を置かずに登場するのはベセスダ。

日本時間の昼間にカンファ予定。

現時点で発表されているのは、「DOOM Eternal」の詳細ぐらいでしょうか。

他にも昨年発表された、「Wolfenstein: Youngblood」も発売が迫っていますし、プレイ映像とかが出るかもしれませんね。

 

ひとつ残念なのは、「The Elder Scrolls VI」の続報がほぼ絶望的ということ。

ベセスダのトッド・ハワード氏は「まだまだ開発に時間がかかるためコメントできることはない」と発言しています。

まぁTESはボリュームがウリのゲームですからね、こればかりは仕方ないということで割り切りましょう(´・ω・`)

 

 

④Devolver Digital

日本時間 6/10(月) 午前11:00~

f:id:donabe18:20190513160148j:plain

インディーゲーマーにはおなじみのロゴ。

昨年の記事では紹介しませんでしたが、今年はこちらのDevolver Digital社にも注目したいと思います。

良質なインディーゲームを送り出すパブリッシャーとして有名な Devolver Digital。

実はここ数年はとんでもない演出のカンファレンスを行っていますw

(↓のAUTOMATONさんの記事を読むと分かりやすいです)

https://automaton-media.com/articles/newsjp/20180612-69830/

昨年はNina Struthers女史が血まみれになるというとんでもない結末を迎えたカンファでしたが、果たして今年はどんなドラマが生み出されるのか...ゲームタイトルの発表よりもカンファ自体の演出に注目していますw

 

 

Ubisoft

日本時間 6/11(火) 午前5:00~

f:id:donabe18:20190513160211j:plain

だから旧ロゴのほうが好きって言ってんだろ!(´・ω・`)

みんな大好きUBI。

今のところ明言されているのはありませんが、先日発表されたばかりの「ゴーストリコン ブレイクポイント」あたりは詳細な情報が公開されそう。

他にも「Skull & Bones」や「Beyond Good and Evil 2」など、タイトルは盛りだくさんな印象ですね。

ただし、アサシンクリードシリーズの新作は今年中の発売は無いことが明言されているため、発表は無いかも。

(次回作はバイキング時代?とも噂されていますが...)

 

あ、あと例のごとく、カンファのOPは「JUST DANCE」の紹介だと思います。

1000ガバス賭けても良いです。

 

 

スクウェア・エニックス

日本時間 6/11(火) 午前10:00~

f:id:donabe18:20190513160236j:plain

なんやこの額縁。

スクエニは、「Square Enix Live E3 2019」と題したカンファを実施します。

期待されるのは、やはり「FFVII REMAKE」の詳細ですね。

先日SIEが放送した「State of Play」にてトレイラーが公開された本作ですが、6月に情報を解禁すると発表されているので、このタイミングで続報が出るのはほぼ間違いないかと。

また昨年のE3で発表された、プラチナゲームズが開発する『BABYLON’S FALL』の詳細も期待したいところです。

本作はまだゲームプレイも公開されておりませんので、そのあたりが出れば嬉しいなー。

 

ただちょっとだけ愚痴らせていただくと、スクエニのカンファって毎年残念な印象なんですよ...。

なので今年もあまりワクワクしすぎると痛い目を見そうなので、涼しい顔で鑑賞したいと思います(見るには見る)。

 

 

任天堂

日本時間 6/12(水) 午前1:00~

f:id:donabe18:20190513160256j:plain

これ以上にないくらい分かりやすい説明画像。

今年もE3カンファのトリを飾るのは任天堂です。

みんな大好き「Nintendo Direct」のE3版が放送されますよ。

 

昨年の放送はほぼスマブラダイレクトといっても過言ではありませんでしたが、今年は「2019年に発売を予定しているNintendo Switch向けゲームに関する情報を届ける」とのこと。

つまり直近発売の大型タイトルが観られるってことで、僕的には朗報です。

予想されるのは「DAEMON X MACHINA」や「ゼルダの伝説 夢をみる島」などの発売日あたりでしょうか。

他にも「ポケットモンスター ソード・シールド」や「どうぶつの森」の新作なども期待したいですね。

ただ逆に言うと来年以降のは発表されないので、続報が無い「真・女神転生V」や「メトロイドプライム4」の発表は厳しそう。

 

あ、ちなみに巷で噂されているSwitchの新型ですが、4月の決算説明会で発表は行わないと明言されています。無念。

 

 

番外:PC Gaming Show

日本時間 6/11(火) 午前2:00~

f:id:donabe18:20190513160447j:plain

PCゲームに焦点を当てた「PC Gaming Show」カンファは今年もあります。

ただ、例年のこのイベントは大した情報が無かったと記憶しているので、今年も僕はスルー。

 

 

はい、こんなところです。

前述の通りSIEが参加しないのは残念ですが、なんだかんだで楽しみではあります。

「私、E3初めてなの...///」という方はぜひライブ配信を見てみてください。

特にライブ配信の興奮度はたまらないですし、Twitterのゲーム界隈の熱もハンパじゃないです。

お決まりの締めですが、これを機にコンシューマー・PC問わずゲームの世界がより一層盛り上がることを期待したいですね。

来月のおゲーム(2019年5月) & ちょっと宣伝。

SEKIROは絶賛積んでしまいましたゴメンナサイ。

難しいようわーん(´;ω;`)

代わりに今はキングダムハーツやってます...

 

 

イース セルセタの樹海: 改 (5/16発売)

f:id:donabe18:20190421190953j:plain

2012年にVita用ソフトとして発売されたイースのナンバリング第4作目が、PS4で再登場です。

イース」シリーズについては過去に僕も紹介しているので、よかったらそちらをご覧ください。

https://donabe18.hatenablog.jp/entry/2019/02/10/155141

 

僕はVita版で既にプレイ・クリア済みなのですが、オリジナル版の時点でたいへん楽しめました。

というかこれが僕の初イースだったので、なかなか思い出深い作品ですね。

もちろんPS4に移植するにあたって、画質やシステム周りの改良もされているみたいですし、更に遊びやすくなっていることでしょう。

f:id:donabe18:20190421191455j:plain

カーナちゃんも高画質に!

価格もDL版なら3,500円と比較的お求めやすいですし、再プレイが待ち遠しいです。

 

あ、ただ一つだけ不満が。

上に挙げたタイトルの紹介画像、カンリリカちゃん(奥にいるピンク髪の女の子)が小さすぎるのは許さないよ?(´・ω・`)

 

 

 ②VA-11 Hall-A (5/30発売)

f:id:donabe18:20190421191933p:plain

偶然だとは思いますが、こちらもVitaからの移植作品。

発売してからコアな人気を獲得したバーテンダーシミュレーションゲームが、PS4とSwitchに再登場です(公式ではバーテンダー"アクション"と銘打っていますが...)

 

どんなゲームかというと、バーテンダーになってお客様にカクテルを提供するゲームです。

客の要望によって甘いカクテルやまずいカクテル、どんなカクテルを提供するかはあなた次第、といった感じ。

そのカクテルを通じて、人間味あふれる客との交流を描いていく物語になっています。

人間味、と言いましたが、やってくる客は人間だけではありません。

詳しくはネタバレになるので伏せますが、出てくる登場人物はあまりにも個性的です。

サイバーパンク感あふれる近未来の世界を楽しむにはうってつけの作品だと思いますよ。

 

という僕は実はVita版でクリア済みなんですが、こちらも改めて購入予定。

その理由は、なんといっても予約特典が豪華!

店舗特典は充実しすぎているので全部は網羅しきれませんが、ちょっとだけご紹介。

 

まずパッケージのジャケット。

PS4版とSwitch版で別仕様です。僕はPS4版にしました。

f:id:donabe18:20190421193129j:plain

イラスト担当は「おしえて! ギャル子ちゃん」などの著作がある鈴木健也先生。

 

次に設定資料集。

Vita版にはありませんでした。

f:id:donabe18:20190421192906j:plain

登場人物が多い作品なので、これは重宝しそう。

 

続いてサントラ。

Vita版にもサントラは付きましたが、収録内容が大幅に異なるようです。

f:id:donabe18:20190421192943p:plain

この作品はBGMも最高。

 

そして最後は、GEO特典の「ベストボス」のクリアファイル!

f:id:donabe18:20190421193313j:plain

この登場人物「ボス」ことデイナさんは、僕の特にお気に入りのキャラクターです。

というわけで普段はDL版派の僕も、今回はこういった経緯もありパッケージ版を購入!

 

CERO Dということもなり、中身はかなり大人向けな内容となっております。

下ネタも多用されてる場面が多いので一様におススメできる作品ではないですが、ひとつの雰囲気ゲーとして楽しめる良作だと思っています。

気になる方はぜひ。

 

 

さて、5月はこの2本だけ。

前も言いましたが、春先は小粒なタイトルが多いんですよね。

個人的な話ですが、金銭的にちょっと余裕がない時期ですので購入タイトルが少ないのはありがたかったです。

6月末ぐらいまでは積みゲー消化がメインになっていくかなー。

 

 

あ、それと一つここで宣伝をば。

4/28(日)の21時から、Twitterのフォロワーさんを集めてのスマブラ大会、

通称どなべ杯を開催いたします。

大会の模様はYouTubeで配信する予定です。

何も知らない人からしたら、単にスマブラでワチャワチャやってるだけの動画になって今しますが、おヒマなら観てね♡

配信のリンク先は、後日ブログにも貼ると思います。忘れなければ。

 

あ、ちなみに前回の大会の模様はこんな感じです。↓

https://www.youtube.com/watch?v=y-cT7kEjBCs

 

というわけで、宣伝でした。

レビュー「キングダムハーツ FINAL MIX」(PS4)

f:id:donabe18:20190331193242j:plain

ハイ、この作品を始めた経緯を説明しますと、

Twitterのフォロワーさん勢のおススメ(別名:ヤクザ)されたから」

です。

説明終わり。

 

まぁ冗談はさておき、有名タイトルにもかかわらずまともにプレイしていなかったので、僕自身にもちょっとしたコンプレックス?があったんですよね。

長い目で捉えてそのうちシリーズ制覇をしていきたいですが、とりあえず1作目であるこの「KH1」をクリアしたので、(他で語りつくされているとは思いますが)簡単な感想をレビューしてみたいと思います。

 

ただ1点、注意点をば。

このレビューはあくまで、「KH1」だけに焦点をあてたレビューです。

これ以降の続編の内容には全く触れていないので、レビューとしておかしな点や言葉足らずな部分も出てくるとは思いますが、大目に見てください。

 

 

【良かった点】

  • 魅力的なたくさんのキャラクター

f:id:donabe18:20190331194246j:plain

この3人には愛着がわき過ぎた。

ご存知の通り、この作品はスクウェア・エニックスとディズニーの共同で作られたタイトルです。

年代を問わず、ディズニーの多くの作品群を登場させ、それらをうまくストーリーに噛み合わせています。

仲間キャラのドナルド・グーフィーをはじめ、「不思議の国のアリス」や「アラジン」、「ピノキオ」など盛りだくさんです。

声優も、一部を除いて原作準拠となっておりますし、ディズニーファンにはたまらないオールスター作品となっています。

僕自身は、ディズニー作品に関しては正直あまり知らなかったし、興味もそれほどありませんでした。

ただこのタイトルを遊んで、少なからず原作を観てみたい作品もありましたね!

(ヘラクレスとか面白そう。ハデスが良いキャラしてましたw)

 

  • 質の高いグラフィックやモーション

スクエニといえば高品質なグラフィック!」と推す方もいらっしゃると思いますが、この作品もその例にもれず非常にクオリティの高いものとなっています。

オリジナルキャラであるソラやカイリ達のフェイシャルモーションはもちろん、ディズニーキャラの表情やアクションも忠実に再現されています。

特に「アラジン」に登場するジーニーの動きは原作顔負けの動きでしたね。

f:id:donabe18:20190331194958j:plain

動きすぎのジーニー君。

さらにいうと、僕がプレイしたのはPS4でリリースされたリマスター版ですが、今見ても見劣らないグラフィッククオリティといっても差し支えないと思います。

 

 

【悪かった点】

  • 大味なアクション性

グラフィックは現行機でも負けず劣らずの質、とは言いましたが、残念ながらアクション性はそうはいきませんでした。

オリジナルがPS2というだけあって、今見ると正直プレイしにくい部分が多々あります。

ジャンプアクションに慣れが必要だったり、カメラアングルが微妙だったり。

f:id:donabe18:20190331195925j:plain

みんなのトラウマ、アースラ戦。

個人的に気になったのは加ダメージ・被ダメージのバランスですね。

基本的に敵はかなりガチガチの固めに調整されていますが、プレイヤーは豆腐並みの防御力です。

回避アクションに慣れないうちは、低難易度のモードでも割とよく死ねるでしょう。

というわけで難易度は比較的高めに感じました。

 

  • あまりにも独創的すぎる世界観と設定

悪い点に入れるかは迷ったのですが、一応コチラでご説明。

本筋を追うだけであればさほど難しくはないんですが、完璧な理解は難しい世界観でしょう。

「光って何?」「闇って何?」「ていうかこの世界は何?」ってなりがちです。

伏線もありますし、今作だけで終わりにする気はないのは見え見えでした。

良くも悪くもスクエニ、ひいては野村哲也氏らしい作品といえます。

 

 

【総評】

当時から話題になり、最新作の「III」でひと通りの完結を迎えた「KH」シリーズ。

今回初めて1作目に触れたわけですが、(当時目線でみれば)なるほどその完成度が垣間見えた気がします。

今となっては古くさい面も無くはないですが、皆に愛されるディズニーを題材にしていますし、ディズニーファンはもちろんコアゲーマーも唸るような出来に感じました。

今後も僕はシリーズを遊んでいく予定ですが、この物語がどう展開されていくのか、そしてゲームとしてどのように進化していくのかを意識しながらプレイしてみたいですね!

f:id:donabe18:20190331200932j:plain

 

 

【オマケ】

ドナルドコレクションです。かわいい。

f:id:donabe18:20190331201013j:plain

 

f:id:donabe18:20190331201032j:plain

f:id:donabe18:20190331201100j:plain

f:id:donabe18:20190331201120j:plain

D社に怒られたりしないかな...大丈夫だよね...?(´・ω・`)

来月のおゲーム(2019年4月)

特に目立った記事を書かないまま1ヶ月経っちゃいましたゴメンナサイ。

4月はひとまず3本!(`・ω・´)

 

 

①Cuphead (4/18発売)

f:id:donabe18:20190321080652j:plain

2017年に発売され、一躍大人気となった30年代アクションがSwitchに登場です。

この記事を書いている3/21に、海外向けに配信された「Nindies Showcase Spring 2019」にてサプライズ発表されました。↓

もちろん日本でも配信されます(すでに予約開始しています)。

 

Switchの醍醐味でもある、おすそわけプレイを使っての協力プレイにも対応し、また、待望の日本語も実装されることが確定しています。

(ちなみに先行して発売されXbox版やPC版でも、日本語は後日収録されるとか)

僕はXboxでプレイ済みなんですけど、完全に英語だけだったので物語の背景とかがイマイチ掴みにくかったんですよね。

日本語実装となれば、より一層没入感が高まるでしょう!

というわけで、既プレイ勢ながら地味に楽しみだったりします。

 

未プレイの方も多いでしょうが、このゲームはいわゆるガンシューティング要素を備えた2Dアクションです。

歯ごたえのある難易度でクリアは難しいですが、この味のあるレトロ風味のグラフィックはぜひ一度味わってもらいたいですね。

個人的おススメな一品です。

 

 

 ②Cytus α (4/25発売)

f:id:donabe18:20190321081503j:plain

こちらは台湾のゲーム会社Rayarkが開発した音ゲーです。

以前からスマホやVitaで展開された作品ですが、この度Switchに移植されました。

といっても単なる移植ではなく、200曲以上の膨大な楽曲が収録されていたり、オリジナルストーリーが展開されるなど、多くの追加要素をひっさげての発売です。

 

音ゲーでストーリー?」と思うかもしれませんが、このRayarkがリリースしている音ゲーシリーズの特徴として「物語性がある」というのがあります。

同社が発売している「Deemo」などが有名ですね。

僕も最近Deemoをプレイしたのですが、まさか音ゲーで泣くとは思わんかったよ...。

 

という経緯もあり、すっかりRayarkの虜になってしまった僕。

当然購入予定です。

(もともと音ゲーが好きという理由もあるんですが)

 

 

ハコボーイ! & ハコガール! (4/26発売)

f:id:donabe18:20190321082131j:plain

3つ目はコチラ。

3DSで展開された「ハコボーイ」シリーズが帰ってきました。

 

好評なシリーズだったのでご存知の方も多いと思いますが、いわゆるアクションパズルゲームですね。

「ハコ」を伸ばしたり踏み台にしたり引っかけたり...

と思ったけどいざ説明しようとするとなかなか難しいw

興味のある人は公式サイト見て公式サイト!

 

僕は3DS版もプレイしているのですが、頭の体操に最適なんですよコレ。

時間制限もないからじっくり考えられるし、そのシンプルなビジュアルも可愛らしくて大好きです。

そもそも、「ハコ」という要素ひとつでここまでアイデアを引き出せるスタッフの皆さんに脱帽です。

そのスタッフへの挑戦の意味も込めて、買わせていただきます。

(勝手に対抗意識持ってて迷惑ですね)

 

 

さて、4月は以上なんですが、ご覧の通り比較的小粒なタイトルが揃っています。

あまり長くやり込むタイプのタイトルではなく、どちらかというと気が向いたときにチマチマプレイするような感じのものが多い。

しかしまぁ今年に入ってから大作ラッシュもありましたし、4月はひとまず休憩期間と考えるのが妥当かなぁと。

とりあえず僕はしばらくSEKIRO遊んでると思うのでよろしくお願いします。

来月のおゲーム(2019年3月)

来月のおゲーム、3月編です。

3月はひとまず4本の予定!(`・ω・´)

 

 

デビル メイ クライ5 (3/8発売)

f:id:donabe18:20190221193614j:plain

3月の本命、その1。

DMC最新作が、前作「4」から10年以上の時を経ていよいよ登場です(「DmC」はノーカウント)。

 

前作からだいぶ間が空いたのでどんなつくりになるだろうと一抹の不安はありましたが、配信中の体験版を遊ぶかぎり今のところは安心してプレイできそうです。

というか空白期間が長すぎて、前作までをよく知らないという方も多いのではないでしょうか?

そのあたりはカプコンも意識してか、公式生放送でピックアップしたりしてるのでチェックしてみると良いかもしれません。

まぁそこまでストーリーが深いゲームってわけでもないんですがw

 

それにしても最近のカプコンは絶好調ですね。

DMCの次は何を用意してくれているのか、今から期待です(`・ω・´)

 

 

②SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE (3/22発売)

f:id:donabe18:20190221194218p:plain

3月の本命、その2。

フロム・ソフトウェアアクティビジョンが共同で手掛ける和風アクションADVです。

上記2社は昔「天誅」シリーズを手掛けたことがあり、その精神的後継作ともいえるでしょう。

もっとも、フロムがメイン開発に携わっているようなのでどちらかというと「ダークソウル」に近い印象を持つ方が多いと思いますが。

 

以前記事にもしましたが、僕は昨年のTGSでコチラを試遊してきて、とても好印象を感じ取れました。

まごうことなき「死にゲー」の類ですので今から気合が入ります!w

 

 

③レミロア ~少女と異世界と魔導書~ (3/28発売)

f:id:donabe18:20190221194804j:plain

3月の隠れ注目タイトル。

こちらは、韓国の「Pixellore Inc.」と「REMIMORY」が共同開発した、ハックアンドスラッシュ(いわゆるハクスラ)ゲーとなります。

ハクスラとは、敵を倒して強力な武器・アイテムを見つけキャラクターをどんどん強化していくことを目的とした一種のゲームジャンルです。

近年だと「ディアブロ3」などが有名ですね。

あちらは作風からしてかなりコッテコテの洋モノ臭がするゲームでしたが、こちらは可愛らしいキャラクターと世界観を主体としたつくりになっているようです。

また公式では、「操作は移動と4ボタンだけで構成された親切設計」とも謳っています。

 

ハクスラではこういう「優しい」タイプは珍しいんじゃないでしょうか?

ゲームとしての面白さは未知数ですが、個人的期待値は高めです。

PS4とSwitchで販売予定ですので、ご興味のある方はぜひぜひー。

 

 

ヨッシークラフトワールド (3/29発売)

f:id:donabe18:20190221201338j:plain

3月の安定タイトル候補。

...「安定」とは言いましたが、こちらのタイトルは開発に紆余曲折あったみたいですね。

(途中で開発会社が変わったという噂があります。気になる人は各自調べてね)

 

とはいえ、任天堂の2Dアクションならほぼ安心して楽しめることが出来るでしょう。

僕がこのゲームで気に入ったのは、その雰囲気。

タイトルの通り、「クラフト」いわゆるものづくりの世界観を醸し出しています。

PS3時代に「リトルビッグプラネット」というゲームがあったのですが、それに似ていることもあってか、かなり気になってきたところであります。

(「リトル~」はもっとクリエイトに重点を置いたゲームでしたけどね)

 

基本は2Dアクションに分類されるんですけど、奥行きの要素もあったり、ステージの(文字通り)裏側を見渡したりすることが出来るなど、一風変わった仕上がりになっています。

久しぶりのヨッシーゲーですが、こちらはまったりと楽しみたいですね(*´ω`*)

 

 

さて、3月は以上の4本です。

3月はアクションゲーが多めとなりましたね。年度末も気合入れていくどー(`・ω・´)

 

さて、この4本はほぼ確定なんですが...実は他にもいくつか気になっているタイトルはあります。

それがコチラ。↓

  • DEAD OR ALIVE 6
  • 十三機兵防衛圏 Music and Art Clips
  • ディビジョン2
  • ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~

今のところ購入までには至らないと思いますが、何があるかは分からないので一応列挙しておきます...w

仮に購入したらTwitterなりでご報告したいと思いますのでヨロシクですー。

 

ニンテンドーダイレクト(2019.02.14)感想。

f:id:donabe18:20190214082155j:plain

本日朝7時、久々の「ニンテンドーダイレクト」が放送されました。

スマブラダイレクトを除けば、約4ヶ月ぶりのダイレクトです。

今回もかなりボリュームが凄く全部は紹介しきれないので、個人的に気になったものをピックアップしていきたいと思います。

 

スーパーマリオメーカー2

f:id:donabe18:20190214082312j:plain

マリオメーカー、まさかの続編です。

Wii U3DSで好評を博しましたが、よく考えれば自作マリオステージとSwitchの携帯性は相性良さそうですもんね。

ステージ製作の自由度もあがり、シェアする楽しみも増えたでしょう。

クリエイティブな人にはマッチしそうですね。

 

ハコボーイ! & ハコガール!

f:id:donabe18:20190214082514j:plain

3DSでシリーズ化したパズルゲーム、ハコボーイが帰ってきました!

今回は2人プレイも可能になり、ステージ数も大幅に増えたとのこと。

僕も3DS版はプレイしましたが、シンプルながらも奥深いパズル性がとても楽しかったです。

一緒に遊ぶ友達はいませんが、もちろん購入予定。

 

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL

f:id:donabe18:20190214082727j:plain

先日Ver.2.0でパックンフラワーが追加されたりしましたが、早くも3.0アップデートが正式発表されました。

詳細な中身は不明ですが、以前から公表されていた「ジョーカー」の参戦に対応するみたいですね。

f:id:donabe18:20190214082901j:plain

ジョーカーのモデリングもチラッと公開。

アップデートは4月を予定とのこと。

スマブラの熱はまだまだ冷めそうにありませんね。

 

④Bloodstained: Ritual of the Night

f:id:donabe18:20190214083115j:plain

悪魔城シリーズでおなじみIGA氏の最新作、よーーーーーーーーやく発売のメドがついたようですw

2019年、夏!

いやー、長かった!

おねがいだからもう延期しないでね...(´・ω・`)

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S

f:id:donabe18:20190214083317j:plain

Switch版ドラクエ11も新情報が発表されました。

キャラクターボイスが追加されるのは既報のとおりですが、なんと今作はPS4版・3DS版それぞれの特徴でもあった3D/2Dモードが任意で切り替え可能になるとのこと!!

f:id:donabe18:20190214083555j:plain

これは個人的にはデカいです。

昔ながらのドラクエ・新しいドラクエ双方に需要があるのはPS4版・3DS版で明確にされましたし、非常に喜ばしい仕様です。

他にも、キャラクターの追加シナリオやオーケストラBGMの追加など、完全版といっても差し支えない内容になっている模様。

 

僕がドラクエ11を積んでいたのは、これを待っていたからなんですよ?(←)

 

ルーンファクトリー4スペシャ

f:id:donabe18:20190214083858j:plain

3DSでリリースされたルーンファクトリーがSwitchに登場。

牧場物語の派生シリーズとして有名ですが、お恥ずかしながら僕は手を付けたことがありませんでした。

ですが、TwitterのTLの盛り上がりが異様だったので、ちょっと興味出てきましたw

最新作「5」の開発発表もされましたし、これから要チェック。

 

⑦Goat Simulator: The GOATY

f:id:donabe18:20190214084444j:plain

おなじみヤギゲーが遂にSwitchでも楽しめちまうんだ!

みんな買ってね♪(ヤギ布教)

 

ファイアーエムブレム 風花雪月

f:id:donabe18:20190214084642j:plain

春発売予定のFE最新作でしたが、ちょっとだけ延期しちゃいました。

しかしまぁ無事発売日発表&予約開始されてなによりです。

 

今回は士官学校の教官となり、生徒を育成?していくというのが本筋の目的だそうです。

FEには疎い僕ですが、なんか今までとだいぶ方向性が違う感じ?

f:id:donabe18:20190214084914j:plain

まるでFEの知識が無いので言えることは少ないですが、新しいFEという感覚で捉えるとけっこう面白そうです。

購入予定リスト入り。

 

TETRIS 99

f:id:donabe18:20190214085103j:plain

テトリスバトロワの時代です。

なんと99人で対戦するとのこと。

詳しいルールはまだよく分かりませんが、Nintendo Switch Online加入者限定で既に配信されているようなので、これからプレイしたいと思います!

いちテトリサーとしては腕が鳴るぜ(`・ω・´)

 

⑩DELTARUNE

f:id:donabe18:20190214085255j:plain

UNDERTALEの続編が登場です。

画像のとおり、チャプター1は無料配信とのこと。

昨年末(だったかな?)にPC版でプロローグ版が配信されましたが、それと同じ内容になるのかな?

CS機でも出してくれるのは純粋にありがたいですね。

 

DAEMON X MACHINA

f:id:donabe18:20190214085457j:plain

こちらも最近音沙汰がなかった、デモンエクスマキナ

2019年に発売予定となりました。

本日から体験版を配信し、プレイした感想をぜひぜひお寄せくださいとのこと。

製品版にフィードバックするためにも、皆さんでプレイしまくりましょう。

 

⑫ASTRAL CHAIN

f:id:donabe18:20190214085727j:plain

本日のサプライズ第1段。

プラチナゲームズが手掛ける最新作です。

キャラクターデザインに桂正和氏、ディレクターに田浦貴久氏、スーパーバイザーに神谷英樹氏と豪華面々のSFアクション?ゲームみたいですね。

f:id:donabe18:20190214090104j:plain

アクションゲームには定評のあるプラチナですしそこはあまり心配していませんし、個人的には世界観も楽しそう。

発売日は8/30!

デビュートレイラーと同時に発売日発表というのは非常に好感が持てましたし、ほぼ購入確定。

 

ゼルダの伝説 夢をみる島

f:id:donabe18:20190214085738j:plain

本日のサプライズ第2段。

「夢島」が26年の時を経てフルリメイクされます。

ゼルダファンの間でも名作と名高い「夢島」。

リメイク版では、味のあるクレイ調?のデザインになっています。

f:id:donabe18:20190214090541j:plain

僕はオリジナル版もクリア済みなので、どう変わったのかを確かめながらプレイしたいですね!

発売は2019年。

まだ日にちは決まっていませんが、期待して待ちましょう。

 

 

さて、ちょっと駆け足になっちゃいましたがこんなところです。

相変わらず朝からサプライズばかり届いてきて、未だに余韻が覚めやまないまま記事を書いていますので...w

2019年のSwitchも本格始動してきた感じですし、今後もソフトに困ることはなさそうです(`・ω・´)