どなべのブログ。

どなべのブログ。

淡々とゲーム遊んだり、ゲーム持論を展開する予定です。

来月のおゲーム(2020年3月)

更新更新ー。

今月はちょっと多いよー。

 

ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX (3/6発売)

f:id:donabe18:20200219094122j:plain

2005年にニンテンドーDSゲームボーイアドバンスで発売された『ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊』が1つに統合されてリメイクされます。

 
ゲームの中身としてはタイトルにもある通り、いわゆる「不思議のダンジョン」系。
ポケモンを助ける「救助隊」となって、入るたびに地形が変わる不思議のダンジョンを冒険しながら、困っているポケモンたちを助けていくことになります。
今回はリメイク版ということもあり、快適性を向上するオートいどう操作などが追加され、遊びやすくなっているとか。
 
オリジナル版はプレイしていないですけど、今作は2つの側面から興味があります。
まず僕自身、「不思議のダンジョン」系が超久々だということ。
チョコボの不思議なダンジョン」ぐらいしか遊んだことがないので、メジャーではありますがほぼ初見に近いジャンルです。
これを機にチャレンジしてみるのもいいかなー、と。
あとはこのゲーム、意外にも(失礼w)物語が凝っているとか!
Twitterのフォロワーさんにオリジナル版をプレイされた方が何人かいらっしゃったのですが、皆さんこぞってストーリーを絶賛していました。
その面からも興味津々でこざいますので、これはもう購入決定ですね。
 
ただ不思議のダンジョンって難易度高いイメージ...チョコボもクリアした覚えないし...。
そこがちょっと不安かな...(´・ω・`)
 
②Collar×Malice for Nintendo Switch (3/12発売)

f:id:donabe18:20200219094701j:plain

僕の乙女ゲーデビュー作「Collar×Malice」がSwitchで復活!

しかも本編「Collar×Malice」と、ファンディスク「Unlimited」の2つが収録!
お布施の気持ちで買います!
 
あ、本編のレビュー自体は過去に投稿してるのでそちらをご覧になってください。↓
 
③あつまれ どうぶつの森 (3/20発売)

f:id:donabe18:20200219094150j:plain

来ました、3月の本命。
どうぶつの森」最新作、通称「あつ森」です。
のんびりほのぼのスローライフを楽しめるこのゲーム、今更改めての説明は不要かと。
 
今回のテーマは無人島。
(守銭奴の)たぬきとその手下2名がお送りする「無人島移住パッケージ」に参加し、自由気ままな新しい生活を始める、という展開の模様。
 
おおまかなゲーム内容は過去作を知っている人ならある程度見えてくるんですが、発売直前なのにいまだに情報が少ない!
どうなってるの任天堂さん!
 
...とか記事書いてたら、今朝公式から
「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」の告知がありましたー!
放送は2/20 23時から!
 
詳細はここでほぼ分かることでしょう。
買うのは確定ですが、楽しみをより一層深めるためには視聴不可避!
というわけで皆さんも見ましょうね。
 
④ライフ イズ ストレンジ2 (3/26発売)

f:id:donabe18:20200219094224j:plain

名作アドベンチャー「ライフ イズ ストレンジ」の続編がいよいよ日本上陸です。
といっても、ストーリー的には1作目とまったく異なった舞台になるようです。
 
主人公は、シアトルに住むごく普通の兄弟。
ある悲劇的な事件の後、兄のショーンは、超能力に目覚めた弟ダニエルを連れ、自分たちの居場所を求めて父親の故郷であるメキシコ「プエルト・ロボス」までの逃避行を始めます。
 
物語の舞台こそ異なりますが、「超能力」というテーマは前作と共通していますね。
前作は個性豊かなキャラクターが多く、またそこからはじまる人間関係や心理描写もひとつの大きな面白みでありました。
 
今作もそういったところにスポットライトが当てられているのかな?
海外ではすでに発売済みですが、おおむね好評らしいので心配はないかと思います。
 
また、今作との関連作品である体験版「The Awesome Adventures of Captain Spirit」がPSストアで無料配信中です。

f:id:donabe18:20200219094256j:plain

体験版とは言っても、これまた「ライフ イズ ストレンジ2」とは舞台が異なる独立した作品のようです。
ただし、「2」へのセーブデータ引継ぎがあるみたいなので何らかの関連性がある模様。
シリーズに興味のある方はプレイしてみるといいかもしれませんね。↓
 
 
⑤One Step From Eden (3/26発売)

f:id:donabe18:20200219094342j:plain

こちらはSwitch / Steamで発売予定の「デッキ型アクションRPG」。
特定のゲーマーは、↓を見たら「ロックマンエグゼやん!」と思うことでしょうw

f:id:donabe18:20200219094437j:plain

この作品は「ロックマンエグゼ」にカードデッキの要素を混ぜたスタイルとなっており、マス目上を移動しながら強力な「スペル」を用いて敵を撃破していく、というのが基本ルールのようです。
戦闘の位置取りはもちろんですが、デッキの種類でも戦略が左右されてくるのでちょっと難しそうですねw
トレイラー見ても結構スピーディーなバトルっぽいしw
 
けどこれはなかなか頭使いそうで面白そうだし、ハマると沼に落ちそうな中毒性もありそうで興味を掻き立てられました。
こちらも買ってみようかと!
 
 
以上
 
 
ゲーム5本と、久々に来月は多く来ましたね。
小粒なタイトルから大ボリュームのタイトルまで様々ですし。
この中でもやはり本命は「あつ森」。
今は「ブレス オブ ザ ワイルド」を絶賛プレイ中ですが、「あつ森」発売までにはクリアしたいなー。

来月のおゲーム(2020年2月)

淡々と紹介するよー。

 

①キャットクエストII (2/6発売)

f:id:donabe18:20200123164310j:plain

シンガポールのThe Gentlebrosが開発するアクションRPGの続編です。

前作は、日本ではSwitch版がフライハイワークスからリリースされていますね。

 

基本的にはカジュアルなオープンワールドゲー、といった感じで、クエストを受注して任務をこなし、武器やアイテムを手に入れていく...というハクスラ要素も兼ね備えています。

といってもそこまでガッツリした内容ではなく、手軽に短時間でファンタジーな冒険感を味わえる内容でした。

前作は完全ソロゲーでしたが、今作は「ネコ」に加えて「イヌ」も参加することで、マルチプレイに対応しました。

キャットクエストですが、ドッグクエストでもあります。

前作は本当にバランスが良く、気軽にプレイできるARPGとしては名作といってもいい部類だと思いますし、今回の続編も購入!

 

余談ですが、今回はSwitch版に加え、PS4版もフライハイワークスが販売を担当するようです。

前作もPS4版は日本で販売されていますが、フライハイワークスではない別の会社がローカライズを担当しており、日本語の質が大幅に違います...w(いわゆる機械翻訳に近い)

今回の新作はともかく、前作に興味がある方はSwitch版をおススメします。

 

初音ミク Project DIVA MEGA39's (2/13発売)

f:id:donabe18:20200123164640j:plain

歌姫ミクさんがお送りする人気のリズムゲームProject DIVA」シリーズの10周年記念作品です。

 

今作の特徴としては大きく2つ。

まずそのプレイ可能な曲数。なんと全101曲!

まさにベスト盤というにふさわしいボリュームでしょう。

シリーズ初収録となる楽曲も含まれていますので、既存のファンにもおすすめ。

 

次にグラフィック。

従来のモデリングが一新されて、全体的に(特に顔)アニメ調になっています。

f:id:donabe18:20200123165517j:plain

PS4版。

f:id:donabe18:20200123165530j:plain

Switch版。

個人的な好みを申し上げるのであれば、僕は断然Switch版が好きですね。

より自然な感じがして、プレイ中も違和感がなさそうですw

 

僕はPS4版から入った身のシリーズですが、リズムアクションとしての面白さはすでに保証されていますし、こちらも購入確定。

いつもならDL版で買ってしまう僕ですが、本タイトルはパッケージ版の購入特典が素晴らしいので、パッケ版予約済み!

なんと、収録楽曲全部入りのサントラ!5枚組!

f:id:donabe18:20200123165857j:plain

いやー、これはお得でしょホント。なんか他にもいろいろ付いてくるし←

なので今回に限ってはパッケ版、おススメです。

 

ロックマン ゼロ & ゼクス ダブルヒーローコレクション (2/27発売)

f:id:donabe18:20200123170119p:plain

おなじみロックマンシリーズ。

今世代のハードで「初代ロックマン」「ロックマンX」シリーズのコレクションがリリースされてきましたが、満を持して「ゼロ」と「ゼクス」シリーズも登場です。

しかも2シリーズまとめて1本化です。おトクです。

 

...とはいうんですが、僕じつは「ゼロ」「ゼクス」ともにプレイしたことないんですよね。

世代的には、最初に挙げた「初代」や「X」にハマっていました。

ただこの2シリーズは、今では横スクロールアクションに定評がある敏腕集団「インティ・クリエイツ」が開発しているので、以前から遊んでみたい気持ちはありました。

というわけで完全初見のシリーズではありますが、ここらでインティのルーツを辿ってみよう!ってことで購入。

なお難易度はなかなか高いみたいなので、途中で挫折する可能性も大ですが...w

あ、けど難易度を抑えたモードや、任意セーブ機能などの追加要素もあるみたいなので、そこは安心かな!

f:id:donabe18:20200123171352j:plain

アシストセーブ機能付き。アクションが苦手な方も安心!

 

以上。

 

来月は3本ですか。まあ普通(?)ですね。

実はこの記事を書く少し前に、某大作Fが延期したり、某大作Cが延期したりと延期祭りが続いていました。

残念な気持ちもありますが、まぁ更なるクオリティアップを期待して待つことにしましょう。

そうでなくても、来月は期待の1作があるしね...。

早く無人島に行きたいんだ...(小声)

2019年、今年の総括。

酔った勢いで書くぜ!!!!

f:id:donabe18:20191230184238j:plain

 

さてさて、まずは今年最後のご挨拶をば。

 

今年も当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございました。

地道に更新できたとは言えない年ですが、いろいろあったのでまぁいいかなと(甘え)。

前年の振り返りを反省しつつ、今年最後の締めにしようかと思います。

 

まずはゲーム。

もうね、去年よりひどかったですw

 

今年は、「今年度にリリースされたゲーム」と「その中からクリアしたゲーム」を列挙したいと思います。

f:id:donabe18:20191230185035p:plain


というわけで、今年購入したソフトは125本。

クリア本数は18本。

なんじゃこりゃ。

 

昨年「数字はよくなる」とか言っていた自分をぶん殴りたい結果ですね。

けど以前の記事でも行ったのですが、「そのとき遊びたいゲームを遊ぶ」、というスタンスは大事だと思っています。

積みゲーに捉われすぎなのはよくない。

なのであまりこの結果は気にしないことにしました。()

 

けど買いすぎという結果は変わっていませんね。

これは改善したいと思います。

昨年も言いましたが、僕はDL版一辺倒なので、ソフトを売却することも出来ません。

厳選する千里眼を習得したいです。


今年の総括は短めにしたいと思います。

DOTY(どなべ・オブ・ザ・イヤー)も決めたいと思ったが、あまりにも対象数が少なすぎる。

来年こそは発表できるように精進します。ホントホント。

来年まであと1日ですが、皆さま、最後まで我が道を行くゲームライフをお過ごしください!!

では、また来年もよろしくお願いいたします。

f:id:donabe18:20191230185845j:plain

強いて言うなら今年のDOTYはコレ!非常に満足度の高い2Dアクションアドベンチャーでした!

来月のおゲーム(2020年1月)、とPOLYMEGA続報。

チャチャっと行くぜー。

 

①Coffee Talk (1/30発売)

f:id:donabe18:20191221115240j:plain

来年1発目は、Toge Productionsによるインディータイトルです。

どんなゲームかというと、『カフェ版 VA-11 Hall-A』です。

たぶんこれで9割説明がつくと思いますw

 

ただそれだけだとあんまりなので、VA-11 Hall-Aと異なる点をいくつか。

まずVA-11 Hall-Aではカクテルを作る作業はほぼメニューを見れば出来ましたが、Coffee Talkではある程度プレイヤーが試行錯誤しながらコーヒーを作っていく要素が盛り込まれているようです。

あとはセーブするポイントがVA-11 Hall-Aよりも改善されているとか。

たしかにVA-11 Hall-Aは1度始めると、セーブするまでがかなり長かった記憶があります。

プレイヤーの時間を配慮してくれるのはありがたいところですね。

 

インスパイア元のVA-11 Hall-Aが好きだったのでこちらも購入予定ですが、パッケージ版で購入するつもりです。

理由は、「サントラがついてくるから!!」

DL版にはない特典みたいですので、こちらのソフトにご興味のある方はパッケ版を検討してみてはいかがですか?

ちなみにPS4版とSwitch版がございますので。

 

以上

 

終わり!!

まさかの1月は1本!!

 

マジかー...

実のところ他にもチラッと気になるソフトはあるんですが、まだ買うほどじゃないかなーと思ってるので今回は割愛しています。

しかしここまで少ないのは、ブログ開設して以来ですねおそらく。

 

 

ですので今回はもう一つお知らせ。

まずは、遥か昔に書いたこの記事を参照。↓

 

未読の方はとりあえず内容を読んでいただくとして...コチラ、POLYMEGAの発送時期がようやく決まりました!

 

2020年の2月です!!

おせー(小声

 

本来の発送時期は8月~9月だったんですよ!?遅すぎにも程があるでしょ(´・ω・`)

あまりにも遅すぎるので、実は1度商品をキャンセルしてしまっていたんです。

価格も決して安くはないしね(約45,000円)。

まぁ発売のメドが立ったということもあるので、年明けあたりにまた再注文する予定ですが。

これでようやく、セガサターンPCエンジンCD-ROM2のソフトが遊べると思うと感慨深いものがあります。

(無事に動けばの話ですけどね...w)

 

届き次第、こちらのブログでも紹介記事を上げたいと思っていますので、どうかご期待ください。

 

とまぁ、こんな感じ。

年内はあと1度、個人的な今年のゲーム総括記事を書きたいですね。

たぶん書きます。ハイ。

来月のおゲーム(2019年12月)

お給料をいただけました(お約束)。

 

来月でいよいよ今年も終わりですね。

今年もゲーマーにとっての年末商戦が待っている...と言いたいところですが、調べてみると今年はなんだかどのメーカーも小ぶりな印象?な気がします。

まぁそれでも買うものはいろいろあるんですけどねw

というわけで気になるタイトルをサラッとご紹介します。

 

①新サクラ大戦 (12/12発売)

f:id:donabe18:20191124101342j:plain

実に14年ぶりの新作となる「サクラ大戦」シリーズのメインタイトルです。

今作は、これまでの作品から大幅に間が空いてしまったので、新規ユーザーでも楽しめるようなつくりとなっているようです。

 

キャラを動かして調べ物をしたり、女の子と会話をして絆を深めていく...といった「アドベンチャーパート」と、機体を動かして敵をバッサバッサとなぎ倒していく「バトルパート」の2つが主な遊び方となっています。

前者はこれまでの作品にも導入されていましたが、後者はシリーズとしては初の試みみたいですね。

僕も体験版をプレイしてみたところ、なるほど簡単操作で敵を大量に倒せるので爽快感がありました。

体験版自体が短めだったので細かい部分はまだ未知数なところがありますが、今のところ好印象ですので購入決定です!

 

ただ僕は結構凝り性な性格ですので、どうせやるなら初期のシリーズにも触れてみたいんですよね...w

「1」~「5」全部とはいいませんが、せめて「1」と「2」くらいは遊んでおきたいなぁ...(案の定積んでる)。

 

②BUSTAFELLOWS (12/19発売)

f:id:donabe18:20191124101405p:plain

こちらは以前僕もプレイした乙女ゲー「Side Kicks!」のスタッフが贈る新作アドベンチャーゲームになります。

あ、前作はレビューもしてますので↓からどうぞ。

「Side Kicks!」は女性向けの恋愛アドベンチャーながら、ストーリーも非常によくできたつくりとなっていて、僕の中でもお気に入りの一本だったりします。

そのスタッフがつくる新作となればチェックせずにはいられませんがな!

 

さてさて、この「BUSTAFELLOWS」なんですが...まぁ乙女ゲーには違いないんでしょうけど、公式サイトを見てみる限り...なんだか乙女要素は控えめにされている印象を受けます。

というかむしろ、サスペンスな雰囲気を前面に押し出したストーリー主体のゲームにも見えてきます。

乙女ゲー新規ユーザーにも入り込みやすいように配慮されてる、とかなのかな?(勝手な想像ですが)

それはそれで物語を楽しめるのであれば僕は大歓迎ですので、発売日買いはほぼ間違いないかと思います。

 

余談。

今作はSwitchでの発売ですが、それにしても最近の任天堂乙女ゲームへの力の入れようは凄いですね(下記リンク参照)

https://www.nintendo.co.jp/software/feature/otome.html

 

乙女ゲー特集の専用ページをつくったり、各ゲームのキャラクターにSwitchを遊ばせてるイラストを用意したりと、乙女ゲーメーカーのほうもSwitchに注力しているのが見て取れます。

中には僕のような男性でも十分に楽しめる作品もありますので、もしご興味があれば一度調べてみるのも良いのではないでしょうか??(゚∀゚)

 

モンスターファーム (12/19発売)

f:id:donabe18:20191124101633p:plain

1997年にPS1向けに発売されたゲームの移植版です。

「CDからモンスターを再生!育成して強くさせよう!」といった内容のゲーム(アバウト)。

シリーズも何作か展開されていましたが、ここ最近はまったく音沙汰がなかったので、(移植版ではありますが)久々のシリーズ展開となります。

 

さて、やはりモンスターファームといえば「CDによるモンスター再生」がウリなのですが、昨今はダウンロードやストリーミングが主体となる時代。

もはやCDも斜陽産業に入っているのではないでしょうか。

当然ながら移植版はCDに対応していません。

 

「じゃあどうやってモンスター再生するの?」といった疑問が必然的に産まれるわけですが、なんでもゲーム内に独自の「CDデータベース」を用意しており、楽曲情報を入力するだけでモンスターが再生できてしまうんだとか。

f:id:donabe18:20191124101653j:plain

モンスター再生時の演出。この瞬間がハラハラドキドキでした。

 

...うーん、どうなんやコレ(小声)

 

シリーズ経験者の方なら分かると思いますが(僕もです)、このゲームは「どのCDからどんなモンスターが生まれるか」を探すのが一つの醍醐味でありました。

中には特定のCDからしか生まれない「レアモンスター」などもいて、音楽CDを求めてレンタル屋に走ったのものですw

もちろん、今となってはどのCDからどのレアモンスターが生まれるのかは情報としてまとまっているので、そういう楽しみ方が出来なくなるのは少し残念ですね。

(まぁ必ずしもレアモンスターが強いわけではないですが)

 

とはいえ、今となっては遊ぶのが難しいオリジナル版を復刻してくれただけでも感謝したいです。

思い出に浸る意味も込めて購入決定。

 

 

以上。

 

 

やっぱ12月とは思えないほど少ないな??

いや、タイトル自体はもう少しいくつか出るんですけど、僕の食指を動かすほどのゲームはあまりないかな...。

まぁ積みゲーも大量に控えていますし、ここはこれくらいでいいでしょう(毎回言ってないかコレ)。

 

年末には、今年のベストな1本を決める記事でも書きたいと思っていますので、ヨロシクです。

来月のおゲーム(2019年11月)

Twitter上ではご報告いたしましたが、無事転職先が決まりました。

これを機に、仕事と趣味のメリハリをしっかりと付けていきたいですね。

応援してくださった皆様には改めて感謝です!

 

さて11月のゲームは、個人的に3本のタイトルに注目。

ホントはもっとあるんですけど...ほら、予算的なアレがね?()

 

①DEATH STRANDING (11/8発売)

f:id:donabe18:20191023192145j:plain

全世界120億の小島監督ファンの皆様、お待たせいたしました。

遂にKOJIMA PRODUCTIONSとしてのデビュー作が発売です。

 

かねてから「このゲームはどういうゲームなんだ?」という声が多く聞かれたのですが、正直なところ今になっても僕もよく分かっていませんw

ですが各メディアの先行プレイ情報ではかなり好印象との声が聞かれますし、僕の場合は何より「小島監督のゲームだから」という理由だけで良作間違いなしと信頼してしまうんですよねw

MGSシリーズはもちろん、スナッチャーポリスノーツも大好きですし、ああいう社会派なゲームというのは子供の頃の僕にとっては非常に衝撃でした。

 

というわけで、今回も期待値は爆高です。

ネタバレ要素も多いらしいので、発売したら最優先でプレイしたいと思います。

 

STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー (11/15発売)

f:id:donabe18:20191023192156j:plain

こちらはおなじみ「スターウォーズ」を題材にしたアクションゲーム。

近年のスターウォーズゲームと言えば、FPSの「バトルフロント」シリーズが人気でしたが、こちらは「ダークソウル」をはじめとするソウルライクな要素が含まれているソロゲーに特化した作品のようです。

かといってあそこまでガチガチな高難易度ではなく、「アンチャーテッド」のようなシンプルなアクションも取り入れているとのこと。

 

スターウォーズシリーズが大好きな僕としては抑えておきたかったのですが、上記の「バトルフロント」でちょっとガッカリした経験があったので少し警戒しておりましたw

ただ今作は開発会社も異なりますし、先日公開されたトレイラーを見たらガッツリソロで楽しめそうなので、ここはやはり購入を決意しました。

 

ちなみにゲームの物語自体は「エピソード3」と「4」の間の話です。

ちょうど帝国が絶賛征服中の頃のお話ですね。

ゲームも良いけど映画も面白いから、未見の人はヨロシクな!!

https://www.amazon.co.jp/dp/B013HK778M/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_FQcSDbQXKYV2K

 

③プレイグ テイル -イノセンス- (11/28発売)

f:id:donabe18:20191023192205j:plain

こちらは今年の春に海外で発売され、高評価を得たアクションADVゲームになります。

日本でもCSで出ないかなー、とモジモジしながら待っていたのですが、この度ようやく日本語版が発売されます。

今作の舞台は、英仏戦争時代の1349年。フランスで「黒死病」として恐れられた「ペスト」の脅威から逃げる姉弟を主人公に、様々な試練に挑んでいく...といったストーリーの模様。

本タイトルのキモは、その圧巻されるグラフィックですね。

ペストを媒介する大量のネズミが出てきたり、陰鬱な当時のフランスの片田舎が綺麗に描かれています。

とはいえ内容が内容なのでグロ要素もありますし、人を選ぶ作品にはなるでしょう。

日本ではあまり注目されている感は無いですが、個人的には非常に気になる一作です。

 

以上

 

11月は他にもポケモンとかSwitch版グリザイアとかニードフォースピード新作とか気になるんですが、先立つものが無いんだ!勘弁してくれ!

 

まぁ今回はどうしても発売日に欲しいものをピックアップしました。

他に欲しいものはそのうちセールとかで買う予定です。

今更ですが、今後もこのスタイルで行こうかと思いますのでヨロシクお願いします。

 

さて、次世代機の話もいろいろ出たし、これからは自力で稼いでゲーム代を貯めなきゃな!

近況報告と雑記。

まいどです。

ここ最近は身内回りでいろいろあってブログを更新する機会がなかなかありませんでした。

というのは言い訳で、ほぼモチベの問題なんですけどね。

これがブログを続ける継続の難しさか...。

 

けど周りでいろいろあったというのもウソではなくて、その辺りを交えて今回は文章中心に語っていこうかと思います。

 

1. 東京ゲームショウお疲れさまでした。

まずはこれですよね、関係者の皆様お疲れさまでした(遅い)。

昨年みたいにまとめ上げる気力は無いのですが、それでも楽しかったですよ!

Twitterのフォロワーさんともたくさんお会いできましたし、顔を広める良い機会になりました←

物販で欲しいものも買えたし、試遊もだいたい満足できたし、ほぼ不満のないイベントだったといっても良いのではないでしょうか。

あー、けど自分の体力のなさは痛感しましたね。

今度Switchで出るリングフィットアドベンチャーで鍛えなきゃ...(´・ω・`)

 

2. 購入ゲームと積みゲーについて。

例のごとく10月の購入予定ゲームもまとめあげたいところなのですが、申し訳ありません、今はその気力がありません。

理由はいくつかあるのですが、ただ単純に「数が多い」のが最大の理由です。

 

大作という大作は少なめな10月ではありますが、インディーズや隠れた作品で個人的に注目してる作品が異常なほど多く、正直紹介しきれないのですよ...。

 

それにあわせて、個人的な積みゲー問題も深刻になってきております。

購入数に対してクリアできているタイトルが少なく、積みゲーは増える一方です。

いろいろ模索してはいたのですが、僕が出した結論は

「その時に楽しみたいものを楽しもう」(キリッ

という単純なものでした。

 

あまり積みゲーに囚われすぎると、楽しみたいものも楽しめませんからね。

その時の気分とノリで遊びたいものを選別していく、お気楽スタイルで今後は進めていきたいと思っています。

 

 

3. POLYMEGA(ポリメガ)が届かない。

↑以前書いたこの記事。

記事通りならすでに製品が手元に届いているはずなのですが、延期に延期を重ねていまだに届いておりません。

ていうか本当に発売するかも怪しくなってきました。

ハヤクシテクレー!!

(届いたらちゃんとレビューします。)

 

4. 仕事が決まりそう。

というわけで、ブログの更新が滞っていた理由の一つがコレです。

以前にもお話ししたのでご存知の方もいると思いますが、僕は心の病を患っていて丸2年以上仕事をしておりません。

精神的にも経済的にもいろいろ苦しかった時期ですが、ようやくこの生活にケリをつけられそうです。

詳しいことはまた決まったらお話ししたいと思いますが、11月頃には働いている状態になるかな?

まぁこのあたりが理由でブログが手に付かなかったんだ!あとは察してくれ!

  

 

以上。

 

つまるところまとめて言うと、

f:id:donabe18:20190927185230j:plain

この一言に尽きる。

 

元々はノリで作ったブログですので更新も気まぐれですが、暇なときに覗いていただければ幸いです。

というわけで、コンゴトモヨロシク...。