どなべのブログ。

どなべのブログ。

淡々とゲーム遊んだり、ゲーム持論を展開する予定です。

来月のおゲーム(2019年11月)

Twitter上ではご報告いたしましたが、無事転職先が決まりました。

これを機に、仕事と趣味のメリハリをしっかりと付けていきたいですね。

応援してくださった皆様には改めて感謝です!

 

さて11月のゲームは、個人的に3本のタイトルに注目。

ホントはもっとあるんですけど...ほら、予算的なアレがね?()

 

①DEATH STRANDING (11/8発売)

f:id:donabe18:20191023192145j:plain

全世界120億の小島監督ファンの皆様、お待たせいたしました。

遂にKOJIMA PRODUCTIONSとしてのデビュー作が発売です。

 

かねてから「このゲームはどういうゲームなんだ?」という声が多く聞かれたのですが、正直なところ今になっても僕もよく分かっていませんw

ですが各メディアの先行プレイ情報ではかなり好印象との声が聞かれますし、僕の場合は何より「小島監督のゲームだから」という理由だけで良作間違いなしと信頼してしまうんですよねw

MGSシリーズはもちろん、スナッチャーポリスノーツも大好きですし、ああいう社会派なゲームというのは子供の頃の僕にとっては非常に衝撃でした。

 

というわけで、今回も期待値は爆高です。

ネタバレ要素も多いらしいので、発売したら最優先でプレイしたいと思います。

 

STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー (11/15発売)

f:id:donabe18:20191023192156j:plain

こちらはおなじみ「スターウォーズ」を題材にしたアクションゲーム。

近年のスターウォーズゲームと言えば、FPSの「バトルフロント」シリーズが人気でしたが、こちらは「ダークソウル」をはじめとするソウルライクな要素が含まれているソロゲーに特化した作品のようです。

かといってあそこまでガチガチな高難易度ではなく、「アンチャーテッド」のようなシンプルなアクションも取り入れているとのこと。

 

スターウォーズシリーズが大好きな僕としては抑えておきたかったのですが、上記の「バトルフロント」でちょっとガッカリした経験があったので少し警戒しておりましたw

ただ今作は開発会社も異なりますし、先日公開されたトレイラーを見たらガッツリソロで楽しめそうなので、ここはやはり購入を決意しました。

 

ちなみにゲームの物語自体は「エピソード3」と「4」の間の話です。

ちょうど帝国が絶賛征服中の頃のお話ですね。

ゲームも良いけど映画も面白いから、未見の人はヨロシクな!!

https://www.amazon.co.jp/dp/B013HK778M/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_FQcSDbQXKYV2K

 

③プレイグ テイル -イノセンス- (11/28発売)

f:id:donabe18:20191023192205j:plain

こちらは今年の春に海外で発売され、高評価を得たアクションADVゲームになります。

日本でもCSで出ないかなー、とモジモジしながら待っていたのですが、この度ようやく日本語版が発売されます。

今作の舞台は、英仏戦争時代の1349年。フランスで「黒死病」として恐れられた「ペスト」の脅威から逃げる姉弟を主人公に、様々な試練に挑んでいく...といったストーリーの模様。

本タイトルのキモは、その圧巻されるグラフィックですね。

ペストを媒介する大量のネズミが出てきたり、陰鬱な当時のフランスの片田舎が綺麗に描かれています。

とはいえ内容が内容なのでグロ要素もありますし、人を選ぶ作品にはなるでしょう。

日本ではあまり注目されている感は無いですが、個人的には非常に気になる一作です。

 

以上

 

11月は他にもポケモンとかSwitch版グリザイアとかニードフォースピード新作とか気になるんですが、先立つものが無いんだ!勘弁してくれ!

 

まぁ今回はどうしても発売日に欲しいものをピックアップしました。

他に欲しいものはそのうちセールとかで買う予定です。

今更ですが、今後もこのスタイルで行こうかと思いますのでヨロシクお願いします。

 

さて、次世代機の話もいろいろ出たし、これからは自力で稼いでゲーム代を貯めなきゃな!

近況報告と雑記。

まいどです。

ここ最近は身内回りでいろいろあってブログを更新する機会がなかなかありませんでした。

というのは言い訳で、ほぼモチベの問題なんですけどね。

これがブログを続ける継続の難しさか...。

 

けど周りでいろいろあったというのもウソではなくて、その辺りを交えて今回は文章中心に語っていこうかと思います。

 

1. 東京ゲームショウお疲れさまでした。

まずはこれですよね、関係者の皆様お疲れさまでした(遅い)。

昨年みたいにまとめ上げる気力は無いのですが、それでも楽しかったですよ!

Twitterのフォロワーさんともたくさんお会いできましたし、顔を広める良い機会になりました←

物販で欲しいものも買えたし、試遊もだいたい満足できたし、ほぼ不満のないイベントだったといっても良いのではないでしょうか。

あー、けど自分の体力のなさは痛感しましたね。

今度Switchで出るリングフィットアドベンチャーで鍛えなきゃ...(´・ω・`)

 

2. 購入ゲームと積みゲーについて。

例のごとく10月の購入予定ゲームもまとめあげたいところなのですが、申し訳ありません、今はその気力がありません。

理由はいくつかあるのですが、ただ単純に「数が多い」のが最大の理由です。

 

大作という大作は少なめな10月ではありますが、インディーズや隠れた作品で個人的に注目してる作品が異常なほど多く、正直紹介しきれないのですよ...。

 

それにあわせて、個人的な積みゲー問題も深刻になってきております。

購入数に対してクリアできているタイトルが少なく、積みゲーは増える一方です。

いろいろ模索してはいたのですが、僕が出した結論は

「その時に楽しみたいものを楽しもう」(キリッ

という単純なものでした。

 

あまり積みゲーに囚われすぎると、楽しみたいものも楽しめませんからね。

その時の気分とノリで遊びたいものを選別していく、お気楽スタイルで今後は進めていきたいと思っています。

 

 

3. POLYMEGA(ポリメガ)が届かない。

↑以前書いたこの記事。

記事通りならすでに製品が手元に届いているはずなのですが、延期に延期を重ねていまだに届いておりません。

ていうか本当に発売するかも怪しくなってきました。

ハヤクシテクレー!!

(届いたらちゃんとレビューします。)

 

4. 仕事が決まりそう。

というわけで、ブログの更新が滞っていた理由の一つがコレです。

以前にもお話ししたのでご存知の方もいると思いますが、僕は心の病を患っていて丸2年以上仕事をしておりません。

精神的にも経済的にもいろいろ苦しかった時期ですが、ようやくこの生活にケリをつけられそうです。

詳しいことはまた決まったらお話ししたいと思いますが、11月頃には働いている状態になるかな?

まぁこのあたりが理由でブログが手に付かなかったんだ!あとは察してくれ!

  

 

以上。

 

つまるところまとめて言うと、

f:id:donabe18:20190927185230j:plain

この一言に尽きる。

 

元々はノリで作ったブログですので更新も気まぐれですが、暇なときに覗いていただければ幸いです。

というわけで、コンゴトモヨロシク...。

来月のおゲーム(2019年9月)

ネタがないです(切実)。

 

 

FINAL FANTASY VIII Remastered (9/3発売)

f:id:donabe18:20190826202601j:plain

つい先日、発売日が発表された「FF8」のリマスター版です。

僕にとっては初めてのFFだったので非常に思い入れのある作品でもあります。

 

ただ悲しいかな、オリジナル版の世間的な評判はあまり良いとは言えない感じなんですよね...←

理由はいくつかあると思いますが、よく取り上げられるのは「味方のレベルが上がると敵のレベルも上がる」システムではないでしょうか。

リアルタイムで遊んでいた僕はそんなに気にしないで遊べていたはずなんですが、後年になってみると意外にも不評で驚いた記憶があります。

ただ、今回のリマスター版には「バトル強化」のチートも使えますので、バトル面で苦戦する機会は減るでしょう。

 

オリジナル版経験済みの僕としては画質の改善が気になるので、20年越しにいま一度改めてプレイしてみたいですね。

 

あ、あと一つ、オリジナル版をプレイした身として注意事項を一つ。

「ボスからは必ずドローしろ!!」

以上です。

 

ゼルダの伝説 夢をみる島 (9/20発売)

f:id:donabe18:20190826203304j:plain

お馴染みのゼルダの最新作は、1993年に発売された同名作のリメイクになります。

 

こちらも僕はプレイ・クリア済みでして、ゼルダの中でもストーリーが印象深かった作品ですね。

オリジナル版はゲームボーイの作品でありながら、当時のSFC作品とそん色ないと言っても良いくらいの操作性になっており、ストレスなく楽しめた思い出です。

そんな思い出深い作品も、独特のタッチで再登場。

トゥーンリンクとはまた違う、クレイアニメ調のグラフィックになっています。

(いうなればクレイリンクか)

 

本作も楽しみではありますが、ちょっと気になるのはボリューム面。

オリジナルがGBというだけあって、現代基準で考えたらお世辞にもたくさんやり込めるボリュームではありませんでした。

リメイクにあたっていくつか追加要素も加えられているようですが、そのあたりがどう変化しているのかを楽しむのが今作のメインと捉えています。

 

イースIX -Monstrum NOX- (9/26発売)

f:id:donabe18:20190826203833j:plain

以前に僕もシリーズで紹介した、「イース」シリーズの最新作が登場!

知る人ぞ知る、って印象だった本シリーズも、近年の作品で一気に名を押し上げた感じですね。

 

今回の舞台は「監獄都市」。

シリーズを経験した方には分かると思いますが、これまでとはだいぶ雰囲気というか趣が異なりますよね。

ですがスタッフは前作「VIII」から続投している方が多いみたいなので、あまり不安がる必要はないでしょう。というかこういうイースもこれはこれで楽しみです。

プレイ動画も上がっていますが、VIIIからさらにリファインされた印象で自由度も高まっている感じ。

イースといえばアクションがウリのゲームですので、そのあたりが前作からどう変化しているか気になります。

 

9月の本命その1です。

 

④ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ (9/26発売)

f:id:donabe18:20190826204405p:plain

で、本命その2はコチラ。

人気シリーズ「アトリエ」の最新作です。

 

実は僕、過去にアトリエシリーズに何度かチャレンジしたことがありまして、いずれも合わずに挫折してしまいました。

ですが今作のプレイ動画や公式の紹介を見て、

「今度こそ行ける!ていうか普通に楽しそう!」

と第六感が働き購入に至ったわけでございます。これが購入理由の半分。

 

あとの半分は...言わせないでくださいよ、分かるでしょ?///

 

ただ困ったことに、先ほどのイースIXと発売日が同日という、かなりの激戦区域に発売されるということ。

増税前だから仕方ないんでしょうが、だからってここまでチカラ入れてこなくても...!

2作とも購入は確定ですが、どちらからプレイするかは未だに悩んでおります(´・ω・`)

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S (9/27発売)

f:id:donabe18:20190826205109j:plain

とか言ってるとコイツまで来るんですよ!?

どうなってんだ9月!!

 

フルボイス化やオーケストラ音源、戦闘テンポの改善など様々な変更が導入された本作。

タイトル自体は高評価という認識でおりますし、購入するうえで特に不安な点はないでしょう。

 

ちなみに僕はオリジナルのドラクエ11はクリアしておりません。

というかオリジナルが出たころはドラクエを1作もクリアしていない、ゲーマーを名乗るのもおこがましいヘボユーザーでした。

で、その後ドラクエ1~5までクリアして、現在は6をプレイ中。

とりあえずその6が終わったら、こちらの11に取り掛かろうかと...(´・ω・`)

 

⑥Ori and the Blind Forest: Definitive Edition (9/28発売)

f:id:donabe18:20190826210113p:plain

そしてそのドラクエ11から間髪入れずに配信されるのがコチラ。

Xbox Oneで発売され、好評を得たメトロイドヴァニア形式の2Dアクションゲームです。

僕はXboxでプレイしましたが、その難易度の高さに心が折れました...w

この度Switchで配信されるとのことなので、再挑戦してみようかと思います。

まぁこのソフトはちょっとしたお布施程度の認識で。

 

【おまけ】メガドライブ ミニ (9/19発売)

f:id:donabe18:20190826210710j:plain

これで終わらないのが9月です。ソフトどころかハードが発売されます。

お馴染みメガドラの復刻版ですね。

オリジナルのメガドライブはほとんど触ったことが無いのですが、収録タイトルやPRを考慮すると、ファミコンミニをはじめとした「ミニハード」系列では一番頑張っている気がします。

これを機にメガドラのソフトや歴史を知りつつ、当時のノスタルジーに浸ってみたいですね。

当時遊んでないけど。

 

以上!!

 

いやー、困りましたねぇ(嬉しい悲鳴)。

ここまでソフトが充実している月はなかなか無いですよ。

これでもサイフと相談して絞ったほうなので頑張りました。ほめてください。

 

さらに9月はTGSもあります。

こちらは昨年と同様、後日に別途記事にしたいと思いますのでヨロシクお願いします。

ゲーマー冥利ここに尽きる月となりそうですw

来月のおゲーム(2019年8月)

この2週間、PCを修理に出していたのでまともに更新できませんでした。

そして本日、無事にPCが手元に戻ってきたので早速記事更新!

 

 

クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ! (8/1発売)

f:id:donabe18:20190519151341j:plain

6月の記事でも紹介しましたねコレ。

当初は6月中の発売かと思われたんですが、日本では8月、というか明日発売されます。

内容については以前も書いたので割愛ー。

 

METAL WOLF CHAOS XD (8/6発売)

f:id:donabe18:20190731183719j:plain

いよいよ発売、アメリカ魂がこもった真のアーマードコアです(違う)

まともな説明しますと、こちらは2004年にフロム・ソフトウェアXbox向けに発売した、ロボットアクションゲームのリマスター版になります。

その特徴は何と言っても、いわゆる「日本人が勘違いしたアメリカ感」むき出しのセリフ回し演出です。バカゲーです。

オリジナル版は日本のみでの発売でしたが、当時から海外でもウケていたみたいです。

そこであのイカれた連中・Devolver Digital社がフロムに掛け合って、この度のリマスターが実現したいみたいですね。

 

とはいうんですが、実際このゲーム面白いのか僕よく分からないんですよ...w

Xboxという、当時から正直ニッチな印象だったハードに出たものですからあまり感想も聞かない。

なので今回のリマスターは非常に良い機会だと思いましたね。

こんなバカゲーはフロムとしても滅多にないものなので、その中身を是非確かめたいところです。

 

③FATAL TWELVE (8/8発売)

f:id:donabe18:20190731184552j:plain

こちらは、PC用ソフトとして2018年3月に発売されたサスペンスアドベンチャーゲームのCS移植版です。

あらすじとしては「一度命を落とした12人が『運命の女神』によって集められ、蘇りを賭けたゲームに挑む」という、なんとも独特なテイストを醸し出している設定です。

シナリオもかなり練り込まれているみたいでして、記事執筆現在でのSteamでの評価は「非常に好評」。

PS4版ではイベント追加や、CGイラストのリファインなどが施されているみたいです。

 

詳細はまだよく分かりませんが、いわゆる「デスゲーム」的な分類に位置づけされるのかな?

勝手に「ダンガンロンパ」的なのを連想していますがw

あと最近は「グノーシア」みたいな人狼ゲームも流行っていますし、個人的にもこういう「心理戦」に重きを置いたアドベンチャーは非常に関心を持っています。

値段も抑えめだし、ここはぜひとも買っておきたい!!

 

④ASTRAL CHAIN (8/30発売)

f:id:donabe18:20190731185233j:plain

来月のSwitch本命タイトルですね。

プラチナゲームズの最新アクションゲームです。

詳細は↓の動画を見てもらったほうが早いかと。

動画を見た感じ、通常のハイスピードアクションに加えて、「レギオン」と呼ばれる生体兵器を駆使して戦うのがゲームの主体のようです。

ベヨネッタ」や「ニーア オートマタ」を楽しめた僕にとっては特に不安も無く、期待値が高まっております。

ちなみにこちらのタイトルは任天堂からの販売ですので、「ニンテンドーカタログチケット」で購入することが可能です。

定価と比べるとそちらで買ったほうがほぼ間違いなくおトクですね。

僕もそちらで購入済みです!

 

 

さて、8月はこちらの4本でした。

春先はソフトが控えめの印象でしたが、次第に注目タイトルが増えてきた感じですね...w

実際、9月・10月あたりはかなりタイトルが詰まってきました。

TGSも控えているし何かしらのサプライズがある可能性も否定できない。

ここは慎重に厳選しなければ...(´・ω・`)

来月...じゃなくて今月のおゲーム(2019年7月)

記事作成が遅れましたゴメンナサイ(´;ω;`)

というのも、7月は買うゲームがいつも以上に小ぶりなんですよねー。

なので手早くチャチャチャチャっと紹介。

 

①Sea of Solitude (7/5発売)

f:id:donabe18:20190702150420j:plain

EAから発売されるインディーズゲームです。

EAからインディーゲーってどういうこっちゃ、と思ったのですが、調べてみたところ"EA ORIGINALS"と呼ばれるEAのデベロッパ支援プログラムの1つらしく、開発はドイツのデベロッパ"Jo-Mei Games"が担当しているようです。

 

水没した都市を舞台に、プレイヤーは旅を続ける一人の少女を操作していくアドベンチャーゲーム。具体的な目的は不明瞭ですが、道中にはクリーチャーやモンスターとも出くわす模様。

影を主軸とした独特なグラフィックスと雰囲気が特徴で、第一印象はたいへん僕好み。

 

PC/PS4/Xbox Oneで発売予定。予約も受け付けています。

 

②ELLI (7/11発売)

f:id:donabe18:20190702151457j:plain

先日放送された「FLYHIGH EXPRESS 2019.06」で発表されたインディータイトルです。

なんか調べてもあまり情報出ないから、↓のトレイラー観て!!

という感じのゲーム。完全に雰囲気で購入決定です。

ファンタジー系のアクションアドベンチャーになるのかな?

ジャンルや世界観は「RiME」を彷彿とさせます。

 

あとこのゲームは、前述の通り日本ではフライハイワークスが販売・ローカライズを担当してくれるのでその点は非常に安心しています。

この会社は本当に質の高いゲームを提供してくれますからね。

安心・信頼のフライハイワークス。

 

ルーンファクトリー4スペシャル (7/25発売)

f:id:donabe18:20190702152230j:plain

 「牧場物語」の派生シリーズである「ルーンファクトリー」。

3DSでリリースされた4作目がSwitchに移植されて帰ってきます。

 

このシリーズは「牧場物語」にRPG要素を加えたエッセンスになっているようですね。

特にこの「4」はシリーズでも人気な模様。

 

そもそもこのシリーズ、開発元の「ネバーランドカンパニー」が既に解散しているらしく、移植や続編のリリースは絶望的だったみたいです。

そこにこの「4スペシャル」や最新作の「5」も待ち構えていますので、ファンにとっては待望といえる作品なのかもしれません。

 

で、当の僕はお恥ずかしながら「牧場物語」も「ルンファク」もまともにやったことがないんですが、TwitterのTLの人気っぷりを見て興味が湧いてきました。

チャレンジ的な意味も含めて購入予定。

 

 

はい、7月はこんな感じです。

ゲーマーの皆さんも薄々感じているかもしれませんが、今年の9月はかなりの激戦になりそうです。

なので今月・来月はこれぐらいのリリースペースでいいんですよ。

あと9月はゲームショウもありますし、おサイフ的な都合もありますから...w

"POLYMEGA"(ポリメガ)を紹介したい。

f:id:donabe18:20190622170429j:plain

コレです。

先月、ゲーム購入予定リストの記事で、

『POLYMEGA買いました(唐突)。』

と唐突な出だしを書いたのですが、なんのこっちゃ?という方が結構いらしたみたいですので、今回はこちらのPOLYMEGAを紹介する記事を書きたいなー、と思います。

 

あ、E3お疲れさまでした(今更感)。

 

 

①改めて、"POLYMEGA"とは?

POLYMEGAとは、簡潔に申しますと「レトロフリーク」等と同様のタイプのレトロゲーム互換機」です。

f:id:donabe18:20190519144407j:plain

このPOLYMEGAの最大の特徴は、従来の製品では難しかった「CD型のゲームに対応している」ということ。

対応機種は後述しますが、かなりの範囲を網羅しています。

僕の知る限りでは、CD媒体のレトロハードをここまでサポートしてくれるのは初めての機種ですね。

我慢しきれず、先月購入に至ったというわけです。

 

②どんなゲームが遊べるの?

先述の通り、CDタイプのレトロハードのゲームを遊ぶことができます。

(もちろん、ソフトは別途必要ですが)

対応ハードはコチラ。

これらのハードに加えて、別売りの「POLYMEGAモジュール」を組み合わせれば、CD以外のカートリッジ型のレトロハード(SFCメガドラなど)にも対応するとのことです。

f:id:donabe18:20190622184424j:plain

カートリッジ対応のモジュール。別売です。

...凄くないですか?

ここまで幅広く対応した互換ハードは例がないのでワクワク感半端ないですw

特にサターンのソフトあたりは、今現在でもソフト配信サービスなどが存在しないので、ファンには嬉しい仕様となっております。

 

③どんな機能があるの?

もちろん、ただ単にレトロゲームを遊べるわけではありません。

より快適に遊べるよう、現代向けにいろいろな機能が搭載されております。

公式情報で確認できるのは以下。

  • HDMI出力に対応。まぁこのへんは当然ですね。
  • 動画撮影やスクリーンショット撮影に対応。まさに現代向けといった特徴です。
  • オリジナルのCD-ROMから、ゲームのインストールが可能。これはレトロフリークにもあった機能ですね。いちいちディスクを入れ直したりする必要がなくなるわけです。
  • 上記の特徴に併せて、ロードが大幅に改善されます。特にロード時間の長さで有名だったネオジオCDなどは、ソフトによっては数分かかったのが1秒未満でロードできるとか。かなりの恩恵を受けそうです。
  • またこれは特徴とは違いますが、エミュレーション機能についてはしっかりとライセンスを取得済みだそうです。エミュと聞くと怪しいイメージを思い浮かべる人もいるかと思いますが、このあたりの権利関係も問題なさそうです。

f:id:donabe18:20190622184514j:plain

UI画面。約15000本のゲームに対応!


④気になるお値段は?

価格は、一番スタンダードな「本体+コントローラーセット」が299.99ドル~。

まぁ、決してお安い値段ではないですね...w

なお、現在は公式サイトからしか買えないので、送料もかかります。

 

ちなみにオプションはいろいろありまして、

  • 「各モジュール+それに対応したコントローラー」:各59.99ドル
  • 「POLYMEGA向けスタンダードコントローラー」:39.99ドル
  • 「各ハードのデザインを再現した有線コントローラー」:24.99ドル~

と、よりどりみどりです。

 

⑤どこで買えるの?

現在は、POLYMEGAの公式サイトでのみ予約を受付中です。↓

https://www.polymega.com/

日本への発送も可能ですよ(発送は8月~9月の予定)。

ただし現在はプレオーダーという形を取っており、予約終了はいつになるか分かりません。明日にでも終了しちゃうかも。

気になる!という方は早めにチェックしておくといいかもしれませんね。

 

なお、時期は未定ですが日本のAmazonとヨドバシ.comでも販売を予定しているようです。

遅れても構わない、という方はこちらを選ぶ選択肢もアリですね。

 

POLYMEGA公式のTwitterアカウントもありますので、詳しくはこちらもチェック!

https://twitter.com/polymegaHQ

 

 

以上。最後にPOLYMEGA公式のローンチトレイラーを貼っておきます。↓

 

 

さてさて、ざっと簡単に説明し終わりましたがいかがでしたでしょうか。

カートリッジ型のハードについては、「レトロフリーク」で間に合ったという方も多いと思いますが、セガサターンあたりの世代もサポートしてくれるのは個人的に大いにありがたい限りです。

(というか、いよいよその世代もレトロに入ってきたんですね...w)

現在は海外サイトのみからの販売ということで若干敷居が高く感じる方も多いかもしれませんが、それでもこのハードには注目せずにはいられません。

 

...まぁ正直言うと不安もあります。

「ちゃんと動作するの?」とか、「保証はどうなるの?」とか。

 

けど、

遊べればいいんだよ!!

という漢スタイルの方はぜひぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

僕も購入したので、届いた暁にはしっかりレビューしたいと思います。

早ければ8月には届くみたいなので、今から待ち遠しい限りです。

f:id:donabe18:20190622190059j:plain

暗闇で遊ぶレトロゲーとか最高じゃないですか(画像は公式トレイラーより)。

【簡易版】E3 ニンテンドーダイレクト2019まとめ。

ニンダイのまとめです。

ぶっちゃけもう内容知ってる方が多いと思いますが、ここはしっかりやらなきゃね。

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S

スクエニカンファでもトレイラーが公開されましたが、それとはまた別のもの。

そして発売日が、9月27日と告知されました。

ニンダイに合わせての発表だったんでしょうね。

 

ルイージマンション3

こちらは詳細なゲーム内容が紹介されています。

2019年発売。

 

ゼルダの伝説 夢をみる島

ゼルダのリメイク作。

今までにないクレイ調のデザインですね。

新要素として、ダンジョン作成が出来るようです。

9月20日発売。

 

聖剣伝説3 TRIALS of MANA

SFCで出た聖剣伝説3がフルリメイクされます。

これは完全に予想外でした...( ゚д゚)

しかもリメイク版「2」とも違い、3Dでの表現になっていますね。

完全に別物として楽しめそうです。

2020年初頭発売。

 

⑤ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション

人気作「ウィッチャー3」の全部入りがSwitchで登場。

膨大な量のコンテンツがある作品ですので、持ち歩けるSwitchとは意外と相性が良いかもしれませんね。

2019年発売。

 

ファイアーエムブレム 風花雪月

新トレイラーが公開されました。

7月26日発売。

 

バイオハザード5 & 6

「バイオ5」と「6」もこの度Switchに移植。

この二作はco-opがウリのひとつでもあるので、これまたSwitchとは相性がよさそう。

2019年秋発売。

 

⑧ノーモア☆ヒーローズ3

人気の須田ゲーが帰ってきました。

個人的にこのシリーズ結構好きなので、続報に期待。

2020年発売予定。

 

⑨CONTRA ROGUE CORPS

魂斗羅」シリーズ最新作。

まさか出るとは思わなかった...←

9月26日発売。

 

DAEMON X MACHINA

新トレイラーが公開されました。

体験版の意見を反映して、中身もかなり調整されている模様。

発売日は、9月13日に決定!

 

パンツァードラグーン: リメイク

セガサターンで初登場し、人気を博したシューティングゲームのリメイク作です。

実は以前から開発会社がリメイクを告知していたのですが、まさかこのタイミングとは思いませんでした。

今冬発売予定。

 

ポケットモンスター ソード・シールド

f:id:donabe18:20190612122845j:plain

先日のポケモンダイレクトに続き続報。

新トレーナーが公開されています。

また、モンスターボールPlusの機能が使えることも明言されました。

 

⑬ASTRAL CHAIN

2ndトレイラーが公開。

公式サイトも立ち上がり、キャラや世界観などが紹介されています。

8月30日発売です。

 

⑭MARVEL ULTIMATE ALLIANCE 3: The Black Order

MARVEL無双です。

7月19日発売。

 

ケイデンス・オブ・ハイラル: クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説

 

人気インディーゲームとゼルダのコラボ作品。

発売日が6月14日に決まりました。

急すぎる!!w

 

⑯マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック

 

お馴染み、マリオとソニックのオリンピックゲーム。

11月発売予定。

 

⑰あつまれ どうぶつの森

ついに公開、どうぶつの森の最新作!

今回は無人島を舞台に、まったりライフを満喫するようです。

発売日は2020年3月に伸びてしまいましたが、よりよいモノが出来るよう応援しましょう。

 

⑱大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

と、いうわけで一気に2人の新キャラが紹介されました。

ドラクエ11」より「勇者」、

バンジョーとカズーイの大冒険」より「バンジョー&カズーイ」です。

特に後者は驚いた or 願いが叶ったっていう人が多いのではないでしょうか。

僕もここでは多くは語りませんが、感無量です。

 

⑲『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』続編

今回最後のサプライズ。

「BotW」の続編が発表されました。

ゼルダシリーズにおいて、直接的な続編って珍しいですね。

どういった展開になるのか、今後の情報待ちです。

 

 

おわり

 

いやー、しゅごかった...(´・ω・`)

今回のE3カンファではもちろん、歴代のニンダイの中でも満足度上位に入る内容だったのではないでしょうか。

E3発表の締めがこういった形で迎えられて、僕はとても満足です。

 

というわけでいかがでしたでしょうか。

動画を貼ってちょっとコメントする程度のまとめになってしまいましたが、ご覧になられた皆さんには感謝感激です。